MENU

「マンガ図書館Z」で無料で読めるお勧め絶版漫画



 

マンガ図書館Zとは

 皆さんは「マンガ図書館Z」を利用しているでしょうか? 昔は「絶版マンガ図書館」と仰々しい名前だったり、「Jコミ」とジャンプが関係してそうな名前だったりと色々名称を変更してきたようですが、どうやら今は「マンガ図書館Z」になりました。次はGTでしょうか。

www.mangaz.com

 そんな「マンガ図書館Z」では絶版になった漫画を作者が投稿すると、なんとユーザー登録するだけでその漫画が無料で読めちゃいます。僕みたいな貧乏人オタクの暇潰しには格好のサイトですね。

 このサイトの特色として、絶版された漫画だけに古い作品が多いです。そして何とも濃い。絶版になった後でも需要があるような作品だらけですから濃くて当たり前です。中にはプレ値で中古が数万する本だってあります。

 今回の記事では、その中で自分がお勧めの漫画を選んでみました。多分僕のブログを好んで読むようなオタクには満足できる筈です。

 

 

 

 

レアな漫画たち

 まずご紹介するのは、折角なので余り古本屋などで見かけないような本。

 どうせならマンガ図書館Zでしか読めないような本を選んだほうが主旨に合ってるかな、と。

 

 

 ・「下町狂い咲きキネマ」

f:id:nyalra:20160127141105j:plain

www.mangaz.com

 どことなくサブカル風な絵柄のオオシマヒロユキ先生の短編集。数年前に作者がキルラキルは俺の漫画のパクリだ!」とブログで騒いでいた時はビックリしました。

 忍者の美少女がやってきたり、宇宙人のイケメンの恋人ができたりと突拍子もない話ばかり。非日常的かつバイオレンスな内容が多く、痛快な展開の連続で飽きさせない短編集。基本的に美少女が主人公なので全体的に可愛くポップに纏まっています。

f:id:nyalra:20160127141802j:plain

 なんとなくですがウエダハジメ先生の作風に近いモノを感じます。可愛いだけでいかないどこか狂ったストーリーをご堪能下さい。因みに僕のお勧めは、ヤクザのゴタゴタに巻き込まれた少女と冴えない中年男性の切ない話「中庭」。

f:id:nyalra:20160127162546j:plain

 関係ないですが一つヤクザの娘が宇宙へ行く話があるのですが、「任侠沈没」といいヤクザは宇宙へ飛ぶのが当たり前なんでしょうか? 

下町狂い咲きキネマ

下町狂い咲きキネマ

 

 

Qコちゃん 第1巻―The地球侵略少女 (マガジンZコミックス)

Qコちゃん 第1巻―The地球侵略少女 (マガジンZコミックス)

 

 

 

 ・「アリシア・Y」

f:id:nyalra:20160127142835j:plain

www.mangaz.com

 一時期はマケプレで数千円したクトゥルフモノ。前々から気になっていたので、無料配信された時は猿のように飛びつきました。

f:id:nyalra:20160127143104j:plain

 ストーリーはクトゥルフの力でどうこうの魔法バトルモノ。カッコつけてますが「魚に名乗る名はない」って台詞はちょっとダサいですね。物語後半でナイアーラトテップやらラブクラフトやらで壮大なセカイ系に発展します。クトゥルフ好きなら抑えておきたい一冊。

アリシア・Y (にんじんコミックス)

アリシア・Y (にんじんコミックス)

 

 

 

 

 

 ・だいらんど

f:id:nyalra:20160127143522j:plain

www.mangaz.com

 可愛らしい背景に漫画ゴラクのような風貌の主人公が特徴的な表紙。内容は簡潔に説明すると異世界転生モノ。ゴツいヤクザが殺されたと思ったらファンシーな世界へ飛ばされてしまいました。小説家になろうっぽい出だしですね。

 作者が「本当にやりたいことを描かせてくれた」と満足気に語る作品だけあって、一般受けはしないものの確かに光るモノを感じます。絶版マンガ図書館にはこういった隠れた名作が多い。一読の価値アリ。

 えっちなシーンもありますよ。

 

f:id:nyalra:20160127143810j:plain

 

 

 

 

 ・「電子妖精アバタモ・エクボ」

f:id:nyalra:20160127144203j:plain

www.mangaz.com

 これは僕の趣味で選びました。単行本もちゃんと三冊揃えてたんですよ。こういう当時の美少女絵大好きです。初期の「ドラゴンハーフ」みたいな。

 作者はガンダム山田風太郎並の忍者モノ」を大真面目に描いた「Gの影忍」などで有名な「こやま基夫」先生。

f:id:nyalra:20160127144430j:plain

 内容的には当時流行ったゲームソフトをモチーフに、宣伝しつつドタバタギャグを繰り広げる王道ゲーム漫画。

f:id:nyalra:20160127144517j:plain

 毎話ある扉絵のコスプレが気に入ってます。上は「ファイナルファイト」のポイズンですね。僕は格ゲーキャラのコスプレが大好きです……。他にはメガテンネタなどが好きでした。因みに何故かやたらとキャプテン・ファルコンが登場します。

 

Gの影忍 (電撃コミックス)

Gの影忍 (電撃コミックス)

 

 

 

 

 

 

 

かわいい漫画たち

 男の子ですから可愛い女の子が沢山登場する漫画が読みたいですよね。かと言って普通に可愛いだけでは、氾濫した深夜アニメのハーレム展開によって胸焼け気味……。そんな時にマンガ図書館Zが役に立つんです。

 

・「サイコスタッフ」

f:id:nyalra:20160127145211j:plain

www.mangaz.com

 「惑星のさみだれ」で有名な水上悟志先生の短編漫画。作者曰く、「出版社に頼んで絶版にして貰い、名刺代わりに無料で配信した」とのこと。なんて貧乏人に優しい漫画家なんだ……。※指摘があったので調べた後に修正しました。ご指摘有難うございます。

 

 内容はこれまたクトゥルフモノ。と言ってもルルイエなどの名称が出てくるだけで、先述した「アリシア・Y」と違ってクトゥルフ神話を知らないと意味不明だったりはしません。

f:id:nyalra:20160127145510j:plain

 物語は宇宙人の女の子がサイキッカーの主人公をスカウトにする所から始まります。壮大な冒険が始まりそう、というか実際宇宙規模の戦闘はあるのですが、そんな細かいこと関係ないくらいピュアっピュアなボーイ・ミーツ・ガールラブコメ

f:id:nyalra:20160127145814j:plain

 惑星のさみだれといい、この作者の「付き合う直前の男女のドキドキ感」は逸品。この作品を読んで気にいったなら「惑星のさみだれ」もオススメです。因みに僕は「まどか☆マギカ」が学校で流行した時に斜に構えて「その設定惑星のさみだれと被ってない?」と話し掛けたら「お前誰?」と返されました。

 

 

 

・「うたかた少女館」

www.mangaz.com

 

f:id:nyalra:20160127150349j:plain

 短編集です。この漫画、というかこの作者の描く「機械の女の子」が可愛い。それだけで絶賛です。面倒な説明は省いて、機械少女でしか昂奮しない性癖の方にはお勧めの一冊。絵柄も独特でかわいい。

 

キカイ探偵 (バーズコミックス)

キカイ探偵 (バーズコミックス)

 

 

 

 ・「霧賀ユキ作品集」

www.mangaz.com

f:id:nyalra:20160127151812j:plain

 こちらも短編集。これまた表題作の「がんばれスイートシュガーちゃん」はアンドロイド少女モノ。つまり僕がそういう性癖だから……なのも有りますが、この本は作者買いです。

 そう、霧賀ユキ先生といえば「でじこアドベンチャー」に「シスター・プリンセス」のイラスト! あの癖の強い良作をのほほんとマイルドに仕上げたのは、霧賀ユキ先生のかわいい画風のお陰に他ならない。

f:id:nyalra:20160127151616j:plain

 先生の描く12人の妹は本当にかわいい。どれくらいかわいいかと言うと、僕がわざわざ写真撮るために押入れの奥からシスプリ関係の書籍を持ってくるレベル。勿論漫画も絵柄に負けないくらい可愛いです。マンガ図書館Zには他にも数冊先生の作品があるので宝の山ですね。

 

 

・「二丁目路地裏探偵奇譚

f:id:nyalra:20160127152047j:plain

www.mangaz.com

 まんがタイムきららで連載されていた4コマ。紹介した中では比較的最近の作品なので、知っている方も多いのではないでしょうか?

f:id:nyalra:20160127152401j:plain

 

 もう兎に角吸血鬼の「アリスちゃん」がかわいい。その一語に尽きる。他のきらら漫画陣よりも一つ濃い絵柄が最高です。どことなく「まじぽか」っぽいのもマルです。

  作者が未だにツイッターでこの作品のキャラを描いてくれるのも嬉しいですね。因みにアリスちゃんの二次創作絵は諸事情で食ザー絵が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

・ぶっ飛んでる成人向け漫画

 ある意味一番書きたかったのはここですね。ココで紹介する作品は先述した濃い漫画たちより更に濃いです。最早「混沌」と形容するのに相応しいでしょう。脳をヤられないように覚悟して読み進めて下さい。

 

「レ研 -神速レイパーども-」

f:id:nyalra:20160127154233j:plain

 もうタイトルから何だこれ感溢れる「プデユキ」こと「祭丘ヒデユキ」先生の漫画。

 この人の漫画は兎に角狂っている。本当に凄い。成人漫画なのに唐突にガンタンクが出てくるとか当たり前です。そういう世界の人なんです。

 例えば第一話「レイプがススムくん」では、早速主人公が「レイプ中はケータイきっとけ周りに迷惑だろ」という名言を放ちます。それに対しての「オーレ!」の返答もヤバイ。欄外で補足されていますが「Oh! レイプ最高♡」の略なのです。よく見たら右の人とかおばあちゃんをレイプしてますね。

f:id:nyalra:20160127154632j:plain

 何を隠そう「レ研」とはレイプ研究会の略。ヒロインの名前は「青函度(せかんど)レイ子」や「小笠杷(おかされ)ちゃう乃」。もう勘弁してくれ。

 因みに続編では「レイプには光と闇二つの側面があるから暗黒面に捕らわれないとしないとね」という台詞まで飛び出す始末。

f:id:nyalra:20160127155618j:plain

 ヒデユキ先生の作品は結構追いかけてますが、どれもこんな感じのノリで奥が深いです。ネットでよく見るネタ系成人漫画の元ネタはヒデユキ作品な事も多々有ります。

 

 

・「アナルエンジェル」

f:id:nyalra:20160417185017j:plain

 あの「上連雀三平」先生から「アナルエンジェル」。これまた直球な表題。

 何を隠そうこの表紙の男の娘、あの「ワイは男の桜ちゃんが好きなんや!」で有名な「バーコードファイター」の「桜ちゃん」。因みにバーコードファイター時代から作者が男の娘への熱い思いをオマケページにぶつけているので時代を感じます。

f:id:nyalra:20160127160127j:plain

 コロコロコミックでヒロインが男の娘の漫画を連載していた時点で充分ぶっ飛んでいるのですが、アナルエンジェルはもっと凄い。

 最早言葉で伝えるのは困難なので、兎に角ヤバイコマだけ抜粋してみました。

f:id:nyalra:20160127160746j:plain

f:id:nyalra:20160127160758j:plain

f:id:nyalra:20160127160811j:plain

f:id:nyalra:20160127160816j:plain

 ヤバイ。何より先生が元コロコロ連載だった事がヤバイ。勿論「バーコードファイター」の時代から狂いっぷりはよく解るので、是非購入して桜ちゃんの時代を先取りした男の娘っぷりをご堪能下さい。

 

バーコードファイター (上) (fukkan.com)

バーコードファイター (上) (fukkan.com)

 

 

 

 

 

 オマケ この作者ってこんな漫画も描いてたの? な作品

 マンガ図書館Zでは、今では誰もが名をしる漫画家になったあの人やこの人の過去作が載っています。

 例えば「ネギま!」の赤松先生では「A・Iが止まらない!」。ラブひなネギまに比べると美少女分が薄いですが、それでもPCから生まれた少女や性別がコロコロ変わる美少女兼ショタなど、矢張りこの時代から光る物を確かに感じさせます。

www.mangaz.com

 「艶姿純情BOY」は、僕の大好きなヤンキー漫画「湘南純愛組!」の藤沢とおる先生が初連載した作品。女装っ子が性別を隠して学校に通うという今の時代でも大受けしそうなモノ。この頃の女の子は漫画チックでかわいいのですが、純愛組やGTOではリアル体型でアレですね。性病持ってるコとか居るし。

www.mangaz.com

 「Z MAN」。後に「職業・殺し屋」や「偽書ゲッターロボ ダークネス」など、過激なエログロがウリの西川先生が真っ当に少年漫画してた頃のマンガ。

www.mangaz.com

 僕のブログを読むようなえっちな読者には松本ドリル研究所名義の方が有名ですね。えっちな作品です。流石に同人誌と違って濃厚なアナル責めやスカトロはありません。あしからず。

www.mangaz.com

 

 

 

オマケ

 僕がお勧めの漫画やラノベを紹介した過去記事です。

 


nyalra.hatenablog.com

 

 今後も沢山のレア本が(無料で)読めるようになると嬉しいですね。

 追記:一つだけ収益がプール状態だった作品の紹介を丸々消しました。気づかず載せてしまい申し訳ないです。。。

 

任侠沈没 1

任侠沈没 1

 

 

広告を非表示にする