読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

官能小説で使われたイカした性器や絶頂の隠語表現を紹介していく



 先日、後学のためにこちらの本を購入致しました。

官能小説用語表現辞典 (ちくま文庫)

官能小説用語表現辞典 (ちくま文庫)

 

 

 

 実際に官能小説で使われた表現や隠語を網羅したという、淫語塗れの本です。僕は音声作品のシナリオの参考に購入したのですが、興味本位で読んでみても、十分読み応えがあります。因みに表現が文学チックなのとおっさん臭いのが多く、シナリオの参考にはなりませんでした。

f:id:nyalra:20160718214915j:plain

 中身はこんな感じです。これはクリトリスの表現集ですね。「妖虫」がちょっとレベル高い表現。クリトリスを「妖虫」なんて陵辱ゲーのタイトルのような呼び方してくる彼氏がいたら、その場で別れたほうが賢明だと思います。

 今回はそんな「官能小説用語表現辞典」に載っている、ナイスな淫語たちを紹介していきます。

 

■陰部編

 いわゆる「おまんこ」全体の隠語です。

 ・赤ガニ

 「あんぐり開いた肉園は、赤ガニが口を開けたような形で~」と使用するそうです。この本を一通り読んだ感想ですが、やたら性器を海洋生物に喩える事が多いです。パっと流し見すると水族館っぽいですね。

 ・オメさん

 「おまえのオメさん~」という使い方らしいです。単純に余りにおっさん臭かったので……。自分がTSした美少女だったとして、竿役に女性器を「オメさん」なんて言われたら、ショックで寝込んでしまうこと必至でしょう。

 ・カトリーヌ嬢

 「アナタのカトリーヌ嬢を舐めさせて下さい」と使われていたらしいですが、捻りすぎてクンニの要請だと気づかなさそうです。

 寒ブリ

 女性器海洋生物シリーズ。これなら素直にアワビとか呼んで欲しいです。

 ・形状記憶合金

 ストレートに笑ったので僕の負けです。

 ・聖マリア像

 「これまで多くの女の器官を見てきたが、性器が白い衣をまとった聖マリア像に見えてのははじめてだ」という用例がイカす。探せばマリみての同人誌に使われてなくもなさそう。

 ・偽アタゴヤ

 なぜ愛宕山なんでしょう……。山に喩える後ろめたさがあるのか、わざわざ「偽」とつけてあげることに、日本人の奥ゆかしさを感じます。

 

クリトリス

 ・クリスちゃん

 「クリちゃん」なら多用されていますが、「ス」までつけることに、オリジナリティを感じさせます。ここだけ切り出すと、キャラクター名にしか思えないのもポイント。

 ・コア

 陰核をコアと呼ぶ文化が人口に膾炙した場合、アーマード・コア風評被害ってレベルじゃなくなります。

 ・ターボスイッチ

 確かに押すとターボしていきますが……。サイボーグ009奥歯の加速装置でなく、陰部のターボスイッチを押す設定だとしたら、絵面が犯罪的で大変ですね。

 ・聖マリアの頭

 官能小説家はマリア像をなんだと思っているのでしょうか? 百合小説に使われたならギリギリ理解できますが、特にそうでもない竿役が突然マリア像で喩え出すのがシュール。

 

■陰唇編

 ・魚類の内蔵

 「キラキラ光る肉唇は新鮮な貝や魚類の内蔵を連想させるが~」、女性器海洋生物シリーズ。「魚類の内蔵を連想させるが~」と最後に擁護していますが、既に擁護しきれない程に失礼です。

 ・スイートポテト

 こちらはかわいい表現。しかし、行為中に「スイートポテト」とか言われても困惑するだけですが。

 

■膣編

 ・女の宮殿への通路

 子宮を「宮殿」と喩えるのが豪勢でいいと思います。文字列だけ見ると、ルパンのTVスペシャルのサブタイとかであってもおかしくないですね。

 ・火山

 カッコいい。

 ・カトリーヌ

 帰ってきたカトリーヌ。オナホに名前を付ける方はフォロワーに何人か居ますが、他人の膣に名前を付けるのはパワープレイです。

 ・皿マン

 「えーっ、皿マンかよ……」。入り口から子宮が短いおまんこを「皿マン」と呼ぶそうです。勉強になりましたね。

 ・十九番ホール

 おっさん臭くて好き。

 ・ブリ子

 「男のリキッドをブリ子目掛けて放出する」。自分の彼氏が精液をリキッドと呼んで、膣をブリ子と呼んでいたら最悪ですね。

 

■陰毛編

 ・うるし

 うるし原先生の事かと思って、二度見しました。

 モヒカン族の頭髪

 もっとロマンチックな言い方あるでしょ、流石に。

 

■愛液編

 ・ヴァギナの嬉し汁

 絶妙に気持ち悪い表現ですよね「嬉し汁」。こういう表現を小汚い竿役が使うと映えるんですよね。

 ・マグマ

 火山からのコンボを決めろ!

 

■ペニス編

 ・荒れ狂うもの

 カッコいい。KOFの裏キャラみたいで惹かれるモノがあります。僕もこれから、自分のおちんちんが勃起した時に「荒れ狂うもの」と呼んでいきたい。

 ・いけない張本人

 確かに女性とのトラブルでは、いけないのは下半身の場合が多いです。納得の表現。なんとなくトレンディさを感じさせます。

 ・巨大な侵略者

 何と無くオーディアンを連想します(ごく一部の人間だけだと思いますが)。パワーワードらしい有無を言わせぬ説得力がグッド。

 ・タフボーイ

 タフボーイを挿入した瞬間、「こんなイカれた時代へようこそ」と歌われる様子を想像し笑いました。

 

■絶頂表現編

 ・キャオン! キャホホオゥ!

 百歩譲って「キャオン!」と喘がれるのは良しとしましょう、その後の「キャホホオゥ!」は確実に精神に異常をきたしています。喘ぎ声よりは悪魔超人の断末魔の方が適していると思います。

 ・キャヒ! キャオオオオオゥ!

 「ホオオオオオッ! キャヒ! キャオオオオオゥ! 美沙子は身体のなかで熱い飛沫が弾けるのを確かに感じた」用例付きで紹介しましたが、参考にできるならしてみろと言ったところ。

 ・子宮が燃えるっ~ん

 「ギャラクシーエンジェる~ん」みたいなノリが最高。この表現を知って以来、もし自分の彼女が、絶頂時に「子宮が燃えるっ~ん」と叫びだしたらどうしようか不安でいっぱいです。

 

■オマケ

 エロゲーノベライズの表現

f:id:nyalra:20160719000845j:plain

 僕の好きなアダルトゲームのノベライズが水月です。まず表紙が美麗ですよね。水月のノベライズは数作品ありますが、こちらは幼馴染ルート。

 この本のえっちシーンの文章がとても美しい表現でして、

f:id:nyalra:20160719001007j:plain

喩えば「幻想的な月明かりが支配する室内で、肩甲骨が羽のように浮かび、刻々と陰影を変化させていく」の一文を取り出してみても、文学的かつ日本色の強いヒロインらしい和風な表現で、水月の世界観を巧く文章に起こしています。

 こういった文章力で魅せる作品もあれば、一方で「ひぎぃ!」を画面いっぱいに使った怪作である「左巻キ式ラストリゾート」なども存在するので、アダルトゲームの可能性を感じさせます。

f:id:nyalra:20160719001308j:plain

 

エロゲーでは

 エロゲでの官能表現になると、余りに長く語ってしまいそうなので、ここは残念ながら二例だけに留めます。

  まず、淫語といえば対魔忍です。

f:id:nyalra:20160719001718j:plain

 凄い勢いで淫語が垂れ流されていく様子は、正に陵辱ゲー界のスプラッシュマウンテン。地味に「胸マンコ」という例を見ない表現を出してきているのも、ゆきかぜちゃんの高い語彙力が伺えます。

 絶頂表現ではこれ。ヒロイン側が勝手に主人公の射精タイミングを「デカマラチンポミルク充填!発射3秒前!」とカウントダウンし出すシチュはオンリーワンの衝撃。流石「姫騎士アンジェリカ」を作り上げただけはあります。

 他にも男側の面白表現としては、ランスなんかは「ハイパー兵器」や「皇帝汁」など、やたらオリジナリティのある表現を使いますね。

 ■終わりに

 参考になりましたでしょうか? 僕は過去に「すごくエッチなゲームシナリオが書ける本」という本のレビューをしたこともあったりするので、機会があれば読んでみてください。

 これから数本音声作品のシナリオを任されていくと思いますので、是非本書で学んだ事を活かして、「キミの女性器、まるで聖マリア像みたいだ……」「おちんちん気持ち良すぎて、子宮が燃えるっ~ん」など積極的に使用していきたいです。

 

広告を非表示にする