読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ぶっ飛んでいるアダルトゲームたち2016

抜きゲの世界 今年の初めあたりに、このような記事を書きました。 わりと好評だったようで、アダルトゲームとは門外漢な方からも、好意的な感想や興味をいただきました。正直、現代でアダルトゲームに興味をもつなら、もっとまともな方向から入った方が絶対…

愛すべき地雷エロゲーたちの想い出と、地雷エロゲーができるまで

THE地雷エロゲー 先日、こちらの本を購入致しました。 (クリックで商品リンクへ飛びます) 「THE地雷エロゲー」です。今までも「美少女ゲームクロニクル」など、美少女ゲームに関わる本を多数出版していた、前田尋之さん監修なのですが、今回はいつも以上に…

インターネットの人間に読んで欲しい唐辺葉介作品の狂気とドラッグ

瀬戸口廉也とCARNIVAL 僕が好きなアダルトゲームのシナリオライターを選ぶなら、確実に五指に入る程に影響を受けたライターに、瀬戸口廉也さんが居ます。今回紹介する唐辺葉介先生は、瀬戸口さんの一般作での別名義です。正確には、瀬戸口廉也としてのアダル…

樋上いたる先生のビジュアルアーツ退社と「同棲」「ONE」~「Rewrite」「Harmonia -ハルモニア-」までのいたる絵の話

ビジュアルアーツ退社 先日、樋上いたる先生がビジュアルアーツ退社を発表しました。 数ヶ月から、本人のツイッターの雰囲気から予兆はあったのですが、何だかんだ長らくいたる先生原画の作品をプレイしてきたので、実際に発表されると寂寥感を覚えます。 樋…

時代を先取ったメンヘラヒロイン「須磨寺雪緒」の話

天使のいない12月 8月5日は「天使のいない12月」のヒロインである須磨寺雪緒さんの誕生日です。 「天使のいない12月」は一般的に鬱ゲー扱いされており、ヒロインもまだメンヘラという概念が膾炙していない時代から、リスカ経験アリのキャラや、援交していた…

秀逸なエロゲーのキャッチコピー80本分 感想付きで選んだ

■エロゲーのキャッチコピー 先日、こちらの記事を読みました。 どれも思わず手にとってしまう素晴らしいキャッチコピーだと思います。 この中だと「タクティクスオウガ」の「僕にその手を汚せというのか」や、「女神異聞録ペルソナ」から「 もしも僕が悪魔で…

「すごくエッチなゲームシナリオが書ける本」を読んで実際に書いてみました

■すごくエッチなゲームシナリオが書ける本 先日、こちらの本を買ってもらいました。 すごくエッチなゲームシナリオが書ける本 作者: 灰猫,エマ・パブリッシング,さんた茉莉 出版社/メーカー: 総合科学出版 発売日: 2012/08/17 メディア: 単行本(ソフトカバ…

タイトルからヤバい低価格帯抜きゲの世界

■低価格帯の抜きゲー えっちなゲーム業界は現在斜陽と言われています。正確に言えば数年前から言われ続けていますね。これには原因は諸説ありますが、面倒なのでここでは割愛します。 最近では有名メーカーはどんどんコンシューマーやアニメ業界に参入するの…

アダルトゲーム好きにお勧めしたいノベライズとエロゲライターのラノベ

先日DMMのアダルトゲーム50%オフで「CARNIVAL」が半額だったことにビックリしまして、思わずツイートしたら何だかんだ瀬戸口作品の話で盛り上がった時に気づいたのですが、意外とエロゲライターの書いた一般向けラノベやノベライズって紹介する機会がないん…

elfの全盛期と最近のアダルトゲーム事情

■elf 先日、elfから「麻呂の患者はガテン系3 完結編」が満を持して発売されました。 内容自体は流石老舗だけはあり、業界でもトップクラスの2Dアニメーションや、土天冥海氏独特の文章とシナリオで完結編と銘打つに納得の出来です。途中に入る謎のバトルパ…

四艶少女画展へ行ってきた話

先日、満を持して「四艶少女画展」へ行ってきました。

「三大電波ゲー」とアダルトゲームの狂気

電波ゲーについて 先日、「エロゲー文化研究概論」という本を購入しました。 この本はタイトル通り所謂「アダルトゲーム」の歴史を一から記していく情報量たっぷりの本となっており、僕のように自分が生まれてすら居ない時代のアダルトゲームを好んでプレイ…

いかに初代ToHeartのアニメがギャルゲーアニメとして完璧だったか

1月末に、「ToHeartハートフルパーティ」というソーシャルゲームのサービスが終了する告知が発表されました。 ハートフルパーティは、主にToHeart2のキャラを主軸に、描きおろしのレアカードを集めていく一般的なソシャゲです。ソシャゲですので、ゲーム性…