MENU

中学生からヤク中でお水勤務だったベテラン風俗嬢の信念と人生のお話



インパクトのあるゲスト

 1月13日、つまり明日トークショーを開催する予定でして、1回目は元ヤクザやら風俗店の店長がゲストだったので、今回もまたインパクトのあるゲストを探していたところ、以前にツイッターで親交のあった風俗嬢が復活しましたのでゲスト参加の相談をする運びとなりました。

 事前に打診を兼ねて色々と話を伺ったのですが、自分の癖でインタビューっぽくなってしまい、勿体ないので中学生時代からヤク中でお水経験のある彼女の理念や人生を紹介したいと思います。ウシジマくんのキャラか?

 彼女の特筆すべき点として、中学時代から勤務していたという事もありますが、心の底から風俗での仕事が大好きでどんなお客さんも等しく愛している部分で、裏で生きる人達特有の陰気さが感じられないことでしょう。冒頭での説明はここまでに。それでは、どうぞ。

 ※ツイッターアカウントとブログへのリンクです。鍛え抜かれたツイートとエントリをお愉しみください。


 すっかり日も沈んだ秋葉原、観光客とオタクに溢れた街も静まり返り、薄暗いジャンク通りには死んだ目をしたメイドが機械的に並んでビラと申し訳程度の愛嬌を配っている中、彼女を連れてルノワールへ。周囲はオフ会らしきオタクに囲まれており、彼らがスタッフでもないのに大真面目にリリスパの反省会を行っているのを尻目に、場違いな二人で早速打ち合わせを始めます。

 

f:id:nyalra:20190112203250j:plain

 中学生からヤク中でお水勤務だったベテラン風俗嬢の信念と人生のお話

 慣れた手付きでメビウスを吸い始める嬢。ツイッターでの名前は「やよい」で、高槻やよいから取った源氏名だそう。やよいがタバコを吸うのか……と思いつつ、小学生時代から愛用しているというポーチの可愛らしさは確かに女の子らしい。そのアンバランスさで数多くの客を魅了してきたのでしょう。

 

やよい:にゃるらさんって、タバコは吸わないんですか?

 

にゃるら:一度も吸ったことないです。お母さんにタバコは吸うなって言い聞かされてきたので。

 

やよい:でも、合法ハーブとかはやってたんですよね。

 

にゃるら合法ハーブも吸うなとは言われてなかったので……。

 

やよい:当時、簡単に手に入ったでしょう、ハーブ。わたしも中学時代によく教室で吸ってました。

 

にゃるら:さっそく強キャラエピソードだ。

 

やよい:川崎育ちで周囲の環境が劣悪だったんで。沖縄生まれのにゃるらさんなら分かると思いますけど。

 

にゃるら:僕のところもヤク中のヤンキーは居ました。流石に教室で堂々はいなかったんで、川崎はやっぱり違う。去年あたりにでた磯辺さんの「ルポ川崎」読みましたが、あそこの荒れ様は他と一線を画しますね。

ルポ 川崎(かわさき)【通常版】

ルポ 川崎(かわさき)【通常版】

 

 

 

やよい:こんな本があるんですね。

 

にゃるら:因みに「裸足で逃げる」っていう、沖縄の風俗嬢インタビュー集もあったりします。実は百合展開があったり。やよいさんならきっと気にいると思いますので、機会があれば是非。

裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち (at叢書)

裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち (at叢書)

 

 

やよい:やっぱり、お水系の話ってウケるんですね。

 

にゃるら:やよいさんの生い立ちもかなり特殊ですよ。さっきも一緒に歩いていて、秋葉原でJKリフレやってたって言ってたじゃないですか。

 

やよい:高校生の頃にJKリフレ……というか、当時は「JKおさんぽ」ですね。男性とお散歩するお仕事で、警察官とかもお得意様だったんです。とつぜん警察官が「明日、摘発あるから逃げとけ」って教えてくれた時があって、本当に次の日に摘発があったり。あの人のおかげで助かりました(笑)。

 

にゃるら:公務員のお客さんが多いってのはどこでも聞く話ですね。普通のメイドはやらなかったんですか?

 

やよい:少しだけ。でも肌に合わずすぐ辞めました。スナックとかガールズバーもそうなんですけど、接客メインって若いとか可愛いだけでも駄目で、どういう風にお客を楽しませるかとか戦略立てが必要で。それに、たくさんの人が居る場で話すのが苦手で……。とことん1対1の風俗が性に合ってるんです。

 

にゃるら:中学時代にガールズバーとか?

 

やよい:最初は中3の頃に友達に誘われてキャバ。儲かったお金でハーブばっかりやっていました。お店に年齢バレしたから辞めちゃって。

 

 

 当時は、合法ハーブを堂々と販売しているお店も珍しくなかった。規制が進んだいま、当時と違って売られているハーブの殆どはただ身体に悪いだけの毒な場合が多い。

 

 

やよい:それからガールズバーメイド喫茶・スナック・JKおさんぽを転々と。

 

にゃるら:JKおさんぽって、おっさんと散歩中に裏オプとか交渉するのがメインな訳じゃないですか。そういった裏の相場ってどのタイミングで学びました? 知り合いの嬢は中学時代に相場がわからず2千円で口やってたことを後悔してるって言っていて。思えば、どこで知るんだろうと。

 

やよい:待機所とかで同僚から。でも、あんまり周りと仲良い感じじゃないので、盗み聞きとかしたり。最初は私もあんまり相場は分からなかったんですけど、徐々に反応を見て。

 

にゃるら:学生ながら多額のお金が入ったんじゃないですか。

 

やよい:その頃はもうハーブだけじゃなくて完全にドラッグ漬けに(笑)。冷たいのとかそっちへ。マンチーになっちゃって、80キロ台まで太っちゃいました。

 

 

 薬物により異常な食欲になってしまうマンチー。今の彼女からふくよかなイメージは感じられないので、恐らく痩せるために相当な努力をしてきたのでしょう。

 

 

やよい:それで一時期はぽっちゃりイメクラで。ぽっちゃりの中では痩せているって強みを活かして頑張りました。

 

にゃるら:ぽっちゃり系とかだと、安いという理由で別にデブ専じゃないお客さんも来るじゃないですか。そういった層を狙った訳ですね。戦略性あるじゃないですか。

 

やよい:そうですね。でも自分の一番のウリって、どんなお客さんでもプレイ中に本気で好きになっちゃうところで、他の嬢のNG客とかも歓迎なんですよ。寧ろこのNG客は一体どんなプレイするんだろうってワクワクしちゃう。

 

にゃるら戦闘民族な気質ですね……。そりゃ人気も出るでしょう。

 

やよい:もう風俗のお仕事が大好きで。今はお店の事務スタッフとしても入っていて、そっちは時給1000円なんですけど全く苦じゃない。ずっと風俗業に関わっていたい。

 

にゃるら:でも、いつかはキャストでは居られなくなる日もきますよ。

 

やよい:はい。なので今は専門学校で心理学を学んでいます。キャストで働けなくなった際に、お店の嬢たちのためにカウンセラーになりたくて。

 

にゃるら:そんな、スポーツ選手が引退後に監督になるみたいな……。とことん転職ですね。そういえば、アカウントはなんで消しちゃったんですか。

 

やよい:当時は高校生だったんで病んでて。親にアカウントもバレて芋づる式にドラッグとかがバレたのもありますけど。

 

にゃるら:どうせみんなバレてもやりますよ。

 

やよい:はい(笑)。特に荒んでいた時期は、「初めにリプライしてきた人と品川で飲みます!」とかやっていて、それで卵アイコンの怪しいおっさんが来たんですけど、それがまた強烈で自分のことをピカチュウだと思っているんですよ。

 

にゃるら:!?

 

やよい:なにを喋るにも「~だチュウ!」とか「ピッカー!」って。頭にピカチュウの帽子で。あの時は流石に帰っちゃいました。悪いことしちゃったなぁ……。

 

にゃるら本物のLet's GO!ピカチュウ。強キャラ同士は惹かれ合う。

 

やよい:(笑)。話は変わりますけど、私レズ風俗大好きなんです。レズとかではないんですけど、嬢の気持ちが分かるのが楽しくて。

 

にゃるら百合情報だ。僕も千夜シャロのソープ本を嗜んでいます。

 

やよい:やっぱり女の子同士なのもあって、どうしてもしっくりこないんです。その噛み合わなさが良くて。結局、男が大好きなんだなって気づかされるっていうか。

 

にゃるら歪なタイプの百合だ。

すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。

すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。

 

 

 思わず話し込んでしまい、閉店時間も近づいてきた。リリスパの反省会をしていたオタクたちも討論に疲れて全員俯いて各々ソシャゲを堪能している。オタク集団にありがちな地獄絵図

 

にゃるら:最後に、いい感じに真面目な話で締めたいです。

 

やよい:そうですね。最近、お客さん……いわゆるクソ客の文句を書き散らかす風俗嬢のアカウント流行っているじゃないですか。ダメって訳じゃないですけど、私はそれは好きではなくて。風俗ってやっぱりその場で夢を売る仕事なんで、裏側を見せちゃいけないと思っています。

 

にゃるら:カッコいい。聞けば聞くほど天職だなという印象を受けます。

 

やよい:よくクソ客からの差し入れとか手紙も晒していて。私はお客さんからの差し入れは嬉しいから、ああいう嬢だらけじゃないよって事も言ってあげたいです。彼氏にヤク勧められたり集団レイプとかされたり色々ありましたけど、私は男性が大好きなので。

 

にゃるら抜きゲのキャラみたいですね。有難う御座いました。トークショーの時も宜しくお願いします。

 

やよい:はい!



 という訳で、夜の秋葉原から踵を返し解散。世の中にはえっちが大好きな淫乱お姉さんキャラも居るんだなぁとしみじみ。

 明日のトークショーも楽しく酷くなればいいですね。

 さよなら。