MENU

無職のオタク2人による退廃的なルームシェア時代の想い出

f:id:nyalra:20171013213227j:plain

 「三本の矢」という結束の重要さを説く教訓があります。あれは非常に優秀かつ狡猾な武将であった毛利元就の息子たちだからこそ意味のある話でして、能力的にも人数的にも不足している無のオタク二人で集まったところで矢は簡単にへし折れます。

 これは若い頃の僕が、友人の岡島くんと無職同士でルームシェアしていた時代の日記です。いつも以上にくだらない駄文。キン肉マン無料期間中に読み返したので、無職にも友情はあるんだ! という感情を表現したかったのかも知れません。

 

続きを読む

オタクvsオシャレ美容師

 髪を切りに美容室へ行きました。

 今まで秋葉原のえっちなお店や相席屋などへ行くたびに、店員やお客さんがどれだけオタク話が通じるのか記事にしてきた訳ですが、今回は逆にどれだけオタクである事を隠して美容室へ行けるかの話です。単純に僕の個人的な日記ですね。

 

 

 

続きを読む

エロゲ原作アニメの歴史 99~17年

 先日、ねとらぼで記事を書きました。

 現在放送中のアニメノラと皇女と野良猫ハートのHARUKAZEさんへのインタビューです。解説は面倒なので各自リンク先を参照ください。

TVアニメ ノラと皇女と野良猫ハートOP曲「ネ!コ!」

TVアニメ ノラと皇女と野良猫ハートOP曲「ネ!コ!」

 

 要点だけ抜き出すと「美少女ゲームはまだまだ終わらねえ!!」という話をHARUKAZEさんの実績から語ってくださり、「全額出資の上でシナリオライターが全話脚本を務めるショートアニメ」という美少女ゲーム原作アニメの新しい形を示してくれました。

 steamでの海外進出をメインに置いたり、初めから全年齢版のみに絞り健全な方向性を展開したりなど、美少女ゲーム自体も新たなあり方を見出してきた昨今ですが、今回はテレビで放送されたエロゲ原作アニメの18年間の歴史を遡っていきましょう。

続きを読む

近況 最近の他所で書いた記事まとめなど

pixivision

 pixivisionには、現在3つ書きました。ねとらぼでは「インターネットを守る翼竜」というコラムタイトルがついている分、「にゃるらのイラスト特集一覧」と表示されるのは寂しいですね。そもそもイラストなんて一枚も投稿していない。

 

 これは、向こうから取り敢えず何か書いて欲しいと言われたものの、「そもそも絵師でない僕がイラストに関する事なんて何も書けないです……家でえっちなゲームやります」と帰ろうとしたところに、「女児アニメとか好きでしょ」と企画されたヤツです。

 女児向けアーケードゲームに真剣な僕の後ろ姿を見ることができます。

 

続きを読む

異国の言葉を学習していく百合ゲー「ことのはアムリラート」

ことのはアムリラート

 先月、深夜0時にほぼアポ無しでウチにシナリオライタープログラマーなど、美少女ゲーム関係者たちが急に集まった日がありまして、

 色々な話がぐだぐだと酒臭いまま展開されたのですが、そう簡単に百合ゲーなんて出せないし売れるのは難しいという結論で終わりました。なんとも哀しい話ですが、一番哀しいのは突然ビール塗れになったウチのリビングでしょう。

 

 そんな話とは裏腹に、今月末に百合ゲーが、しかも非18禁で発売されます。その名も「ことのはアムリラート」。ジャンルも「純百合アドベンチャーと強気の姿勢。「純」って……。

ことのはアムリラート - sukerasparo

f:id:nyalra:20170821222309j:plain

 

続きを読む

プリンセス・プリンシパル 6話「case18 Rouge Morgue」

プリンセス・プリンシパル

 「プリンセス・プリンシパル」は、スチームパンク×スパイ×美少女×百合というオタクの好きなモノを掛けあわせ続けたような作品でして、当然僕も今期では大分愉しみに視聴させてもらっています。前期の「クロックワーク・プラネット」からスチパンな世界観が連続して満足。

 黒星紅白先生の可愛らしいキャラデザも然ることながら、音楽の梶浦由記さんの力も大きく、ノワール」「MADLAXあたりのハードボイルドな美少女を演出する空気感が見事。この二作が好きで観てもまず外さないでしょう。放送前の印象はコヨーテ ラグタイムショーでした。

 拳銃描写や舞台設定など細かい部分が注目されている作品でもあるのですが、設定協力に速水螺旋人先生が関わっています。製作側の力の入れようが伝わりますね。

螺旋人モダニズム ポケット画集

螺旋人モダニズム ポケット画集

 

 

6話「case18 Rouge Morgue」

f:id:nyalra:20170815114511p:plain

 プリンセス・プリンシパルは、各話ごとのサブタイトルの数字順で時系列を表していまして、今回の話は18回目の事件。全てのcaseがいくつまであるのか判明せず、途中で前後したりもしますが、6話は放送されている中では最も奥となる話です。

 絵コンテは「内藤明吾 」さんで、演出は「工藤寛顕」さん。両者ともにアクタスで活躍しているスタッフですね。脚本は一貫してお馴染み「大河内一楼」さんです。

 今作の見どころは、一話完結の中で二転三転するストーリー構成と逸材でハードなオチですが、6話はこれまでのハードさに輪をかけて救いようがなく、人情話や感動を誘う伏線なども見事でして、喩えるなら百合スチームパンク鬼平といったところでしょうか。

 電撃オンラインでのインタビューでは、監督も「歌が流れる回」を特に気に入っていたようなので、恐らく6話の事だと思われます。スタッフからもオススメ回。

続きを読む

2017春アニメ 個人的に良かった回5選

2017春アニメ

 2017年のアニメたちも遂に終了してしまい、今ではすっかり春アニメの季節になりました。ここまで冬の記事のコピペです。

 春アニメはきらら枠が存在しなかった事が個人的に不満でしたが、日常系+露骨なエロスを合わせたひなこのーとは、新たな時代の幕開けを感じさせる作品でした。

  原作の方は乳首の形やおまんこ見えまくりでビックリ。その辺りの塩梅は芳文社でなく、良くも悪くもKADOKAWA産だな~と言ったところ。

ひなこのーと (1) (MFC キューンシリーズ)

ひなこのーと (1) (MFC キューンシリーズ)

 

  それでは、春アニメの良かった回を紹介していきましょう。

続きを読む