MENU

インターネットの人間に読んで欲しい唐辺葉介作品の狂気とドラッグ



瀬戸口廉也とCARNIVAL

f:id:nyalra:20161018111343j:plain

 僕が好きなアダルトゲームのシナリオライターを選ぶなら、確実に五指に入る程に影響を受けたライターに、瀬戸口廉也さんが居ます。今回紹介する唐辺葉介先生は、瀬戸口さんの一般作での別名義です。正確には、瀬戸口廉也としてのアダルトゲームの執筆を引退してからの名義となっております。

 今回はそんな小説家としての唐辺葉介の作品を全作紹介しようという主旨なので、アダルトゲーム時代は割愛致しますが、氏がシナリオを担当した処女作である「CARNIVAL」だけ、初めに軽く触れておきます。

 因みに僕が以前にアダルトゲームメーカーにて、音声作品のシナリオを担当した際、そこのプロデューサーが瀬戸口廉也先生を生で見た事があるらしく、その時は甚平と下駄だったそう。作家らしい雰囲気ありますね。

f:id:nyalra:20161018112027j:plain

 一時期はプレ値だったのですが、ダウンロード販売が始まってからは、3000円程度あればすぐにプレイできます。同じく瀬戸口作品で高値だったSWAN SONGも復刻されたりと、良い時代になりましたね。

 「信じることの難しさ」「人は皆、多かれ少なかれ心の傷を抱えて生きている」をテーマに、心に傷を負った若者達が悩み、葛藤しながら成長してく姿を描いたサイコ凌辱ノベル+AVG

物語は、主人公と、ヒロインとの関係や生い立ち等、過去の出来事を少しづつ紐解きながら展開していく。
物語の冒頭で、殺人容疑で逮捕された主人公は、警察の隙を突いて逃げ出し、幼馴染のリサの家に身を寄せる。

  あらすじを引用しましたが、凄まじい冒頭です。「サイコ凌辱ノベル」という他にないジャンルが光ります。ここだけ読んだら、サイコミュで操作した機械触手的なモノでヒロインを凌辱していく抜きゲと誤解されそうです。

 「CARNIVAL」では、サイコと銘打つだけあって、主人公の狂気性をテーマの一つにしている作品です。あらすじにある通り、物語は同級生を殺して警察に捕まった主人公が、どうにかパトカーからぬけ出す場面から始まります。この時点で、興味を持った方は購入してまず損はないでしょう。

 そんなCARNIVALに強く感銘を受け、こうして瀬戸口作品のみならず、唐辺葉介名義での作品も追うようになった訳ですが、他作品でも主人公の異質さは引き継がれており、それが何よりの氏の作品の魅力だと僕は思います。

 因みに瀬戸口廉也名義での小説に、ノベライズ版CARNIVALがありますが、この本の感想は過去記事に書いてあるので、CARNIVALプレイ済みの方はそちらを参照願いたいです。

 他にも「喰2」というアンソロジーに寄稿しているのですが、そちらも「瀬戸口廉也」名義かつ、数ページであるため割愛します。

 

唐辺葉介作品と狂気

 それでは、漸く唐辺葉介作品の話に戻していきます。

 興味を持ってもらうため、最初に最も狂っていると思われる作品を挙げておくと、「暗い部屋」特典の小冊子です。

 

・暗い部屋

f:id:nyalra:20161018115708j:plain

 この小冊子は、主人公がチグハグな思考で狂った行動をとり続ける短編のみで構成されております。唐辺葉介史上最もイカれた本です。その癖の強すぎる世界観に触れれば、読み進めるだけで軽くトリップできるでしょう。

 現在Amazonで販売されている「暗い部屋」の原作には、特典の小冊子はつかないそうです。残念。それを除いても十分名作なのですが。

暗い部屋

暗い部屋

 

 

 ・ファーストノベル文庫

f:id:nyalra:20161018120404j:plain

 特典関係では「セカンドノベル 〜彼女の夏、15分の記憶〜」という、氏が一部シナリオを担当しているノベルゲームにて、セカンドノベルの作家陣描き下ろしの「ファーストノベル文庫」にも、短編が載っております。

 このセカンドノベルに集められたライター5人は、初め僕の裏人格が勝手に企画したんじゃないかと疑った程に、僕好みの豪華さ。

 先ず、ユニゾンシフト作品でお馴染みの「市川環」。最近だと「時計仕掛けのレイラインシリーズ」などで、ご活躍ですね。僕が一番好きな作品は「君の名残は静かに揺れて」です。最早どれを代表作に挙げようか悩む程に有名な田中ロミオ。「Rewrite」では、アニメ用の新ルートの構成を手がけました。ライトノベル界の奇書とも呼ばれる「左巻キ式ラストリゾート」を書き上げた奇才海猫沢めろん。「Sense Off」や「未来にキスを」など、この中では最古参で90年代後半から名作を出し続けている元長柾木

 そして、唐辺葉介先生の5人がシナリオを担当した癖のあるアダルトゲーム作家を集めたアベンジャーズのようなゲームとなっております。

 そんなセカンドノベルでの特典の冊子(ラノベ一冊分の厚さがあります)は、特異体質の主人公がテーマで、唐辺葉介先生の「音の色」では、音楽に色が見える主人公と恋人の切ないラブ・ストーリー。他の作家が集まっているオムニバス形式だからか、いつもよりお上品な文体と作風で貴重です。因みにこの中では市川環先生の「二十一番の喪失」がお気に入り。

  これまたゲーム自体よりも特典が入手困難となっているのですが、頑張って探して見て下さい。こんな特異な作家が集まった本なんて二度と出ないと断言できます。

セカンドノベル ~彼女の夏、15分の記憶~

セカンドノベル ~彼女の夏、15分の記憶~

 

 

 ・PSYCHE

 上二つは短編なので別として、氏の単独作品では、恐らく本人の実体験からきているような、狂いつつも妙なリアリティのある描写が多く、特に主人公にはそれが顕著に表れています。

 例えば一作目である「PSYCHE」では、死んだ家族が見えてしまう主人公が、家に引きこもってひたすらキャンバスに絵を描いていく暗いお話なのですが、終盤で主人公は幻覚効果のある蝶の羽を、ドラッグのように摂取し続けます。

f:id:nyalra:20161018114611j:plain

  「蝶の羽」を食べ続け、だんだんとおかしくなっていく主人公。「食事に対してはほとんど憎悪みたいな感情しか抱けなくなっていて」の一文が、イカしています。

 このように、氏の作品には主人公の独白部分が非情に多く、主人公の内面をねっとりと描写し続け、決まってその思考回路はどこか倫理観に欠けています。「PSYCHE」の彼の場合は、蝶の羽を摂取しながら絵を描く事以外に興味をなくしていますね。

  段々と精神が周りの人間と合わなくなっていく過程は、まんまヤク中のそれ。僕のツイッターでのフォロワーにも、似たように精神薬や合法ハーブに依存し続けている方が数人居ます。

 恐らく先生自体にも、何らかの向精神薬に依存した経験がおありなのでしょう。想像で書けるような領域を越えています。僕もまたデパスや合法ハーブの経験はあるので、それを体験しないと辿り着けない部分は他者より理解出来ているつもりです。

  こういったアングラ的な要素が強いのが、唐辺作品での何よりの魅力。小説家としての処女作「PSYCHE」にも、それは色濃く反映されていますので、入門としてお勧めします。カバーはシライシヨウコ先生版と、冬目景先生版があり、本の大きさや挿絵の有無以外は同じなのでお好みで。

PSYCHE (星海社文庫)

PSYCHE (星海社文庫)

 

 

 ・ドッペルゲンガーの恋人

 ――僕の恋人は、死んだ恋人の記憶を植え付けたドッペルゲンガー

亡くした恋人のすべての記憶を、僕はクローンに植え付けた。新しく誕生した「恋人」との暮らしが、僕と彼女を追い詰めていくとは思いもよらずに――。
まさに待望、唐辺葉介の復活作は、胸打つSFラブストーリー。

  亡くなった恋人のクローンと同棲していくSFラブ・ストーリー。クローンの彼女が自分はオリジナルの存在と同一なのかと苦悩し、取り戻したと思われた幸せが崩壊していく壮絶な話です。

  今作は狂気要素はクローンであるヒロイン側に寄っていますが、終盤では影響された主人公も段々と狂気を孕んでいきます。カップルの片方がメンヘラ化すると、引っ張られていく現象ですね。

ドッペルゲンガーの恋人 (星海社FICTIONS)

ドッペルゲンガーの恋人 (星海社FICTIONS)

 

 

 ・死体泥棒

 突然の死を迎えた彼女の死体を葬儀会場に忍び込み、盗み出してしまった「僕」。一人暮らしのアパートを占拠した大型冷凍庫の中に横たわった彼女(死体)との奇妙な同棲生活がはじまった……! 唐辺葉介の問題作にして、新たな代表作(ラブストーリー。

  タイトル通り主人公が恋人の遺体を盗み出して同棲する話です。こうして書くと、かなり狂ってそうな内容に思えますが、実は氏の作品の中でも上位に入る程綺麗にまとまったラブ・ストーリー

 しかし愛ゆえの行動だろうが、死体を盗むのは立派な犯罪です。それに対し、いつかやってくる警察への発覚に怯える気持ちと、恋人のために犯罪を顧みず大胆な行動を取れた自分に、どこか酔っているような気持ちがドロドロと混ざり合う複雑な心情、そして時を経て段々と恋人の死を実感していくまでの過程を淡々と描いた意欲作。

 意外にも爽やかな読後感のある作品なのですが、そもそもの「死体を盗む」という前提が狂っているのは、やはり唐辺葉介先生らしさに溢れています。

  恋人の死体が入った大型冷凍庫と主人公の内面を描いた挿絵が素晴らしい。

f:id:nyalra:20161018125012j:plain

 現在プレ値のようですね。僕は2冊所持しているのでどうでもいいですが。(自慢)

死体泥棒 (星海社FICTIONS)

死体泥棒 (星海社FICTIONS)

 

 

・つめたいオゾン

  

その日、俣野脩一は訪れた施設の白い部屋で、ひとりの少女と出会った。天使のように白い肌と髪を持つ彼女の名は中村花絵。二人はお互いが、ある病理を患っていることを告げられる。『アンナ・メアリー症候群』。それは他人の感覚を共有し、やがて思考や感情までも融け合ってしまうという病。脩一と花絵は幼少期より、共有した視界に映る生活を、夢に見ることで繋がっていたのだ。出会う前から誰よりも深くお互いを知っていた、少年と少女の辿る数奇な日々。そして病を宣告された二人が向かう未来とは―?

  これまた死体泥棒と同じく、あらすじに反して読後感はどこか爽やかな構成。二人の無関係な男女が、ときおり思考や視界が混ざって融け合う病気を患うという話です。

 途中、ヒロイン側が変態のお兄さんに監禁されてしまうのですが、その様子が断片的に伝わってしまう無関係な主人公側の心理描写も凄まじく、読み進める内に読者の意識も混ざっていくような感覚を味わえます。

 生まれつき白髪で病弱なヒロインの不幸な生い立ちと、棋士を目指して将棋に明け暮れる平凡な主人公との対比と、「アンナ・メアリー症候群」からくる静かな狂気は、他作品では滅多に感じられません。

つめたいオゾン (富士見L文庫)

つめたいオゾン (富士見L文庫)

 

 

犬憑きさん

  上下巻の二冊からなる、唐辺葉介先生の2作目。紹介した中では唯一の女性主人公で、珍しく百合百合しいのもあって好きな作品。

  しかし、可愛い表紙と裏腹に中身はいつも以上に残虐さマシマシ。

少女は同級生を殺したいと思う。理由な残酷ないじめを受けたから。殺害方法は蠱毒に決めた。蠱毒とは生け贄を必要とする残酷な呪いのことをいう…。女子校を舞台に陰で巻き起こるオカルト事件と、異端の犬憑き少女「楠瀬歩」の活躍を描く学園怪奇小説開幕。

 第一話「蠱毒」では、いじめられっ子から強制的に援交をさせられている女の子が、「犬蠱」という飼い犬を生首だけ出るよう土に埋め、数日放置した後に首を切り落とす儀式により、いじめっ子を呪い殺そうとする過程が描かれます。

 これまた少女の葛藤がねっとりいやらしく描写されており、いくら復讐のためとはいえ愛犬を自ら殺す事に思い悩む様は、表紙の女性が見せる笑顔からは、想像もつきません。

  そんな彼女たちのオカルティックな悩みを、表紙の女性こと「犬憑きさん」が解決していくお話。勿論、犬憑きさん自身もまた狂気に魅入られた重い設定が大量にあるのですが。

 題材が題材だけに、ホラーに近い作風。やっぱり百合といえばホラーですよね。上下巻にわかれていることもあり、物語のスケールは壮大。可愛く百合百合とした登場人物たちと、ホラーでグロテスクな内容のギャップは是非読んで体験して欲しいです。

犬憑きさん 上巻 (スクウェア・エニックス・ノベルズ)

犬憑きさん 上巻 (スクウェア・エニックス・ノベルズ)

 

 

 トリに持ってきたのが、僕が一番紹介したかった作品であり、唐辺葉介先生の半自伝のような小説である「電気サーカス」です。

 

・電気サーカス

まだ高速デジタル回線も24時間接続も普及しておらず、皆が電話回線とテレホーダイを使ってインターネットに接続していた時代。個人サイトで自己表現を試みる若者達がいた―。

  氏の作品は主人公の独白が大半を占めており、どこか暗く狂った思考をする主人公に読者は感情移入していく構成なのですが、その作風が顕著にあらわれたのが「電気サーカス」です。

 有名テキストサイトの管理人をしている無職である主人公が、ネットで知り合ったどうしようもない友達や、自分に都合の良い虚言を吐くメンヘラ女たちとルームシェアを始め、クスリとセックス漬けの日々に溺れていく内容。

  この前の記事の時も、この作品の事がずっと脳裏を掠めていました。良ければご一読下さい。

f:id:nyalra:20161018133206j:plain

 この主人公が、ネットで有名になっていく内に、自分に憧れるよく分からないファンや、異常な行動をする人間たちに囲まれ、自身もまたどんどん堕ちていく過程が、こんなブログやツイッターを運営しつつルームシェアな僕には痛いほど刺さります。

f:id:nyalra:20161018133607j:plain

 例えば構ってもらうために包丁持って夜泣きするメンヘラ女や、デパス入りにクッキーをクラブに持ってきて配るサブカル系女など、長くインターネット漬けしていると、あ~いるいるこういう奴らという感情で一杯になります。因みにデパスクッキーは、当然ですが美味しくないので止めたほうが良いですよ。輸入禁止になったので勿体無いですし。

  そうやって、インターネットの人間に見下されたり見下したりしているうちに、主人公は向精神薬とアルコール抜きでは生きていけない身体になっていきます。

 この主人公の淡々と狂気に堕ちていく描写も鬼気迫るものがあり、この辺が実体験なのかなぁと思わず邪推しちゃったり。終いには入院して「お前カバンにガンダム入れただろガンダム!」と女に怒鳴るまでおかしくなる様は、笑うに笑えません。ラリったフォロワーが泊まりにきた時など、本当にこのような言動をします。

 インターネットにどっぷり浸かってるやつあるあるを詰め込んだような小説で、主人公が思う本筋と関係ない無職特有のくだらない思考なども、読者に不思議な感覚を植え付けます。大きな伏線ではなく、小さな違和感の積み重ねなんですよね、鬱々と培養されていく狂気って。

 とにかくインターネット漬け(僕のブログ読んでいるような人間なんて殆どそうだろうが)の人間は必読の一冊です。

電気サーカス

電気サーカス

 

 

 終わりに

  如何でしたでしょうか? 以上で唐辺葉介名義での全作品となります。多分、一度に全部読むと精神に良くない影響を及ぼすでしょう。

 僕の好きなシナリオライターはまだまだ居ますし、唐辺葉介先生だけでなく、どんどんブログで好き勝手語っていきたいです。

 ところで唐辺葉介先生の作品には、ドストエフスキーなどのロシア文学が多く引用されており、僕はその影響で読み始めたりしました。

 というか、僕が読む小説は大体なんらかのアダルトゲームの影響だらけです。

 ケロQの衒学的な作品や元長柾木から哲学を学び、カルタグラから京極夏彦にハマって、ニトロプラスからハードボイルド小説を漁り、瀬戸口廉也からロシア文学を齧る。そんなオタクが居てもいいんですよ。 

罪と罰〈上〉 (新潮文庫)

罪と罰〈上〉 (新潮文庫)