読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

今週の「ゆらぎ荘の幽奈さん」が対魔忍すぎる話



ジャンプのお色気枠

 数あるジャンプ連載陣の一つに、僕が注目している「ゆらぎ荘の幽奈さん」があります。

霊に憑依されやすい冬空コガラシは家賃無料永住権獲得のために、ゆらぎ荘に棲む地縛霊を成仏させるため引っ越した。しかし、その地縛霊は幽奈という女性だった。更に、ゆらぎ荘には数人の個性豊かな女性たちが住んでいた。かくして、冬空コガラシの彼女たちとのドタバタ劇が巻き起こる妖怪宿ゆらぎ荘の生活が始まった。

 いわゆる女性の肌色多めのお色気枠です。「To LOVEる」の後継ですね。連載当初は良い意味で一話のテンプレっぷりに、2016年になって「ラブひな」が始まったのかと驚きましたが、話が進むごとに主人公であるコガラシさんの男っぷりに磨きがかかり、今ではヒロイン以上にコガラシさんを魅力に感じる程です。

 

 

 作者のミウラタダヒロ先生は、本作以前から2012年に「恋染紅葉」でジャンプ連載デビューしています。この時期のジャンプはニセコイ」「恋染紅葉」「パジャマな彼女。と、恋愛漫画が3つ連載されており、それぞれ別の良さがあって人気も三分された三国志状態でした。

f:id:nyalra:20160926210610j:plain

  僕がこの三作で注目していた作品は「パジャマな彼女。」で、少年漫画にあるまじきガチなレイプ未遂っぷりを見せた「パコさん」は、今でも深く記憶に焼き付いています。

 結局、三作の中で恋愛漫画枠として生き残ったのは「ニセコイ」でした。その後「パジャマな彼女。」の濱田浩輔先生は、「good!アフタヌーン」にて「はねバド!」を連載。連載中にグングン上がっていく画力は、今でも度々話題になっています。

 

 

ゆらぎ荘の幽奈さん

f:id:nyalra:20160926212523p:plain

  ゆらぎ荘のメインヒロインは、地縛霊である幽奈さんです。こういったハーレムモノでは珍しく、メインヒロインなのに人気高いです。幽霊なので自由自在に服装を変えることができるという、同人誌向き過ぎる設定が強みなのでしょうか。

f:id:nyalra:20160926212922j:plain

 少年誌の幽霊ヒロインといえば、GS美神「おキヌちゃん」の存在を避けて語るわけにはいきません。普段は既に死んでいる事を忘れるさせるくらいの明るさと、幽霊特有の時折見せる儚い表情のギャップは、いつの時代も男の子のハートを掴んで離しません。

  おキヌちゃんの方は、本編途中で人間に戻ってしまい、幽霊少女というアイデンティティーを失った分、一気に人気が落ちた印象が強く(本来のメインヒロインである美神さん以上にヒロイン力が強すぎたので、作者の狙い通りであると思いますが)、貴重な現代の幽霊ヒロインである幽奈さんには、安易な蘇生展開などはできれば避けて欲しいところ。

 

f:id:nyalra:20160926214430g:plain

 そんなゆらぎ荘のえっちなヒロインの一人に、狭霧ちゃんというくノ一少女が居ます。一部の方にとってジャンプでさぎりといえば花の慶次ですね。

 容姿から一瞬で「最初はえっちなハプニングのせいで主人公をやたら軽蔑しつつも、段々と彼の優しさに惹かれていく系」だと分かるデザインが素晴らしいと思います。対魔忍だと主人公といい感じになりつつも、敵に捕獲されて洗脳されイキ狂うタイプです。

 そんな狭霧ちゃん、実は「誅魔忍」という組織の忍者なのです。

f:id:nyalra:20160926214353j:plain

 初登場時の「誅魔忍」というネーミング自体、対魔忍を連想させるのですが、全身タイツ姿の余りの対魔忍っぷりは見事です。ジャンプでなければ感度3000倍にされています。

 

 

 f:id:nyalra:20160926221403j:plain

 この狭霧ちゃん一人で十分対魔忍濃度が高いのですが、今週の新キャラで更に対魔忍感が増してきました。

 新キャラの「雲雀」ちゃんです。特徴的なツインテールと、一瞬でチンポ負けしそうなウザ顔がどこかで見た感じ満々で良いですね。

  「魔装学園H×H」のユキカゼちゃんがアニメの放送終了で観れなくなったために、新たなY豚ちゃん分が補給できて喜ばしい限り。魔装学園H×H」のユキカゼちゃんは、主人公を「破廉恥です!」と追い掛け回しつつ、自分はドえっちな格好で闘う分かりやすいキャラで最高でした。

f:id:nyalra:20160926222240j:plainf:id:nyalra:20160926222530j:plain

 「えろすゥゥゥ!!」と叫んでいますが、間違いなく来週あたりに雲雀ちゃんもえろすな目に合わされるでしょう。「もう隣の席の男子とだってお友達になってるんだから!」という遠回しな処女アピールも、触手なりオークなりに襲われる前振り以外の何者でもありません。

 そんな雲雀ちゃんが、コガラシさんのハーレム入りまで何週持つか楽しみだったのですが、初登場である今週のラストで既に惚れる気満々です。

f:id:nyalra:20160926222929j:plain

 同じ誅魔忍でチョロそうな狭霧ちゃんですら数週は持ちましたが……。対魔忍では基本的に主人公と結ばれると寝取られる合図です。今後の雲雀ちゃんが下品なガニ股でチンポおねだりしたり、気づけば騙されて風俗街で働かされていないか心配でなりません。

 今後も「ゆらぎ荘の幽奈さん」の展開に目が離せませんね。

 

 最後に分かりやすい系統図を作りましたので、今後の参考にして下さい。

f:id:nyalra:20160926230647j:plain

 

広告を非表示にする