読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

「るろうに剣心 伝説の最期編」の扱いが超雑な宇水さんと、どこか原作とズレた登場人物たちが癖になる話

特撮


f:id:nyalra:20160922114233j:plain

 少し前の記事に続いて、懲りずに今回もるろ剣の話をします。

伝説の最期編

 僕の好きな実写映画に「るろうに剣心 伝説の最期編」があります。内容としては、「るろうに剣心」の十本刀との闘いの後半を描いた作品にあたるのですが、大胆なアレンジが多すぎて、完全に別物となっています。

 例えば、十本刀は殆どバックボーンなどが省略され、何故志々雄に仕えているのかよく分からない人たちになっています。それは、今回の記事の主役である宇水さんも例外ではなく、志々雄といつでも闘えるという理由や、心眼の説明もなく、ただ何故か常に目隠ししている変人状態。

 更に、御庭番衆編をやらなかった分、無理矢理蒼紫の話もねじ込んだために、志々雄と関係ない蒼紫が何度も襲ってくるおじゃまキャラと化しています。こういった大胆な纏め方ながら、きっちり面白く、アクションがド派手で爽快な点は、まさしく僕が好きな「るろうに剣心」そのものです。

 

 

人物紹介

 折角ですので、宇水さん以外にも、原作と同じなようでどこかズレている登場人物たちを紹介していきましょう。

f:id:nyalra:20160922094859p:plain

緋村剣心:本作の主人公です。主に宗次郎や志々雄と闘いますが、宗次郎戦では、縮地を使い跳ね回る宗次郎に対して、やたら下半身だけを狙って攻める、格ゲーで友達を無くしそうな戦法を使って勝利したりします。前編では、役者的に「良太郎対アンク」という平成ライダーファン歓喜の戦闘シーンを見せます。

f:id:nyalra:20160922095653p:plain

左之助:原作に比べてチンピラ度マシマシです。蒼紫に喧嘩売っては負けたり、特に二重の極みを覚えないまま安慈を倒したり、特に志々雄との因縁もないので、最終戦で一人だけ志々雄から「誰だお前!?」と怒られたりします。

 

f:id:nyalra:20160922101856p:plain

蒼紫:前述の通り、本筋とは余り関係のないおじゃまキャラ。前編の方の扱いが悲惨。しかし、イケメンキャラなだけに、スタイリッシュな剣術は、観ていて小気味良いです。

 

f:id:nyalra:20160922102205p:plain

宗次郎:縮地の速さを映像で再現しづらかったのか、戦闘中にやたらぴょんぴょん跳ね回って可愛いです。剣心にやたら下半身を狙われて押されたり、特に過去が描写されないため、本編を知らなければ、突然発狂し始める感情の起伏が激しい人にしか見えない可哀想な子。

 

f:id:nyalra:20160922102512p:plain

宇水:何故か常に目隠しをしている謎の人物。まともなセリフがないため、本当に何なのか分からない人。今回の記事では、この宇水さんの活躍を中心に紹介します。これでも、他の十本刀(飛翔の蝙也あたり)よりはマシな扱いです。

 

f:id:nyalra:20160922102905p:plain

斎藤:一作目では、やたらふわっと浮き上がる牙突を披露したため、「ゆるふわ牙突と呼ばれてしまった宇水さんのライバル。

f:id:nyalra:20160922103121g:plain

 改めて見ると、最早牙突でもなんでもない謎の浮遊技ですね。格ゲーだと昇竜コマンドで出るクソ技っぽさがあります。これがあったからこそ、今作のまともな牙突が映えたという見方もできます。

f:id:nyalra:20160922103629p:plain

志々雄:第二の主人公のような存在のために、過去もしっかり描かれますし、特にラストの人体発火の演技は圧巻。志々雄戦の殺陣だけでも映画代の価値は十分あります。今作では、最終決戦の舞台も煉獄なため、原作と違って左之助が友達から貰ってきた爆弾数発で沈む船は買わなかったようです。

f:id:nyalra:20160922105305j:plain

 伝説の最期編の志々雄が理想的だったお陰で、新京都編の頭ばっくり割れるやつの事が忘れられたのは嬉しいですね。

伝説の最期編での宇水

・原作での宇水さん

 「伝説の最期編」での宇水さんの活躍ぶりを紹介する前に、軽く原作での宇水さんの話をします。

f:id:nyalra:20160922104505j:plain

 宇水さんといえば、「ティンベーとローチン」という、読者の9割が知らないであろう武器でチクチク突いてくるイメージが強いでしょう。

 ここにきて突然出身地が琉球と、絶対この武器を使わせたかったからだけの設定が飛び出します。

 奇しくも僕も同じ琉球出身なので、子供の頃に友達の家でティンベーらしきモノを見た記憶があります。もしかするとただのデカい亀の甲羅だった可能性もありますが。

f:id:nyalra:20160922105423j:plain

 そんな宇水さんの戦法は牙突零式にあっけなく敗れてしまい、上半身のみの状態で「一片の淀み無く…己が道を…貫く… 簡単な様で…何と…難しい事…よ  斎藤…お前はこれから…近代化する明治で…どこまで刀に生き…  「悪・即・斬」…を貫ける…か…な…………?」と長々と捨てセリフを残したものの、斎藤に「無論、死ぬまで」とジャンプ史に残る名セリフで返され、見事なまでに完全敗北をします。最後まで負け惜しみを言った所為で、斎藤人気の踏み台にされる様が正しく宇水さんらしい。

 

・他媒体での宇水さん

 アニメタルの「The 十本刀」では、宇水パートの歌詞もメロディも超カッコいいので、是非聴いて欲しいです。曲全体でも方治の「強し! 強し! 強し!」のセリフが挿入されていたりと、ファンのツボを抑えている名曲です。

  宇水さん一の名言「何が可笑しい!!」は、LINEスタンプにもなりました。

  それでは、宇水さんの基本情報を共有したところで、「伝説の最期編」での宇水さんを振り返っていきます。

 

伝説の最期編の宇水さん

 伝説の最期編では、安慈・宗次郎・張・方治以外の十本刀はほぼいるだけ参戦です。恐らく誰も蝙也や才槌に尺を使うとは期待していないでしょうし、寂しいですが妥当な判断ではあります。

 なので終盤の乱闘シーン以外では、特に誰も何もしません。宇水さんは中盤で軽く人を殺したりもしますが、別に宇水さんでなくても良いような1シーンなので飛ばします。

f:id:nyalra:20160922111217p:plain

 宇水さんと永遠のライバルである斎藤との出会いは、斎藤が一人で多数の雑魚相手にも押されず善戦している場面から始まります。

 

f:id:nyalra:20160922111707p:plain

 のそっと現れる宇水さん。ティンベーとローチンが実写だと頼りなさそうなのを除けば、貫禄を感じさせる一枚です。そもそも、この乱戦状態では絶対聴覚も役に立たない上に、当然前も見えないのでかなりのハンデ。煉獄に残って一対一に徹すれば良かったのに、この世界線での宇水さんは、余り志々雄から評価されていない雑魚の一人なのでしょうか。

 

f:id:nyalra:20160922112132p:plain

  ゆるふわ牙突の悲劇を繰り返さぬよう、今回はカッコよく牙突の構えを決める斎藤一。ギラリと光る眼光から緊張感が漂います。

 

f:id:nyalra:20160922111843p:plain

 対して宇水さんは、距離がある事もありますが、あれだけ原作では偉そうに語っていたティンベーとローチンの基本的戦法を感じさせない構えで対抗します。明らかに何も考えずに特攻する気満々です。

 

f:id:nyalra:20160922112854p:plain

  「ヴォオエェ!」と、知性の欠片も感じさせない雄叫びを上げ特攻する宇水さん。果たして原作のリベンジなるか……!?

 

f:id:nyalra:20160922113054p:plain

  当然ダメでした。そもそもあれだけ意味深に持っていたティンベーが、一切役に立ってないのが面白いです。完全に首狙ってきますからね、斎藤。ティンベーごと貫ぬくような見せ場すら作る気なしです。恐らく即死なので、原作のように捨てセリフもなし。本当にただ趣味で目隠ししている特攻役の人でしかない宇水さんでした。

 が、宇水さんの出番はこれで終わりません!

f:id:nyalra:20160922113434p:plain

  なんと宇水さん、死体になった状態でエンディングでチラチラ映ります。恐らくティンベーが分かりやすいのが、目立つ原因でしょう。シリアスな終戦ムードに、画面端に何度か映り込む宇水さんの死体はズルいです。

 

  冒頭でも書いた通り、こういった部分も含めて大好きな映画ですので、是非縁との話も映画化して欲しいです。以上、宇水さんの話でした。

 

広告を非表示にする