読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

キミは何冊読んだことがあるか!? 他ブログではあげられていないお勧め「一冊完結マイナー漫画」の世界



 「キミは何冊読んだことがあるか!?」なんて生意気で挑発的なタイトルで済みません……。こういうタイトルやってみたくて……。 

 出だしからいきなりの弱気で頼りないでしょうが、今回は他記事ではあげられていなかった一冊完結の漫画を紹介していきます。

 というのも、適当に「短編 お勧め」などで検索しても、紹介されている漫画は殆ど被っています。更に言えばああいった列挙形式のブログはお勧めの理由を書かない(または一言)のパターンが多く、勿体無いなという気持ちもあるので、他とは違った切り口で僕が書いていこうかなというのが主旨です。

 ここでいうマイナーの定義は「一冊完結 お勧め」などで検索した結果の1ページ目にでてくる記事では紹介されない「一冊で話が完結している・短編集になっている本」を対象にしています。

  紹介したかった漫画の中には「マンガ図書館Z」で無料で読める本もありましたが、そちらは前に書いた記事内であらかた紹介していますので、興味が有る方は過去記事も参照して欲しいです。

 

 


 ■かわいいアリスの世界

 オタクといえば不思議の国のアリスモチーフの作品が好きです。男女問わずに受け入れられる世界観に、興味津々で元気に跳ねまわる金髪ロリっ子。僕も一時期は熱中しアリスモチーフのロリ系写真集(少女アリスです)まで購入しましたが、現在では児童ポルノ扱いで発禁になってしまい、Amazonからも存在を抹消されました。合掌。

 

・ときめきアリス

  「吾妻ひでお」先生のロリータ短編集です。吾妻ひでお先生の失踪日記あたりはどこも紹介しているのですが、飽くまで吾妻ひでお先生の持ち味はロリコンブーム」を語るに外せない神秘性を持った少女です。

  本書はアリスという名前のロリータ達が、それぞれ数奇な環境で冒険したり、時には男の人に犯されたりと、それぞれ全く違った話の短編集になっております。

f:id:nyalra:20160421200624j:plain

  このページは人形サイズの小さなアリスちゃんの話です。彼女は精液を求めて歩いているので、主人公である青年に手コキや挿入を何度も求めますが、サイズの問題でどうしても床オナのような気分になるという理由で相手にされなくなる。

 その後は猫なりおっさんなりの精液を飲むため、手当たり次第フェラチオしていく……と、この説明だけでかなりの異常シチュが登場しました。

f:id:nyalra:20160421201419j:plain

 この本の魅力はオマケページのイラストも大きいです。流石サブカルとロリータブーム古参だけはあり、今の流行イラストへの強い影響を感じさせます。吾妻ひでお先生のSF好きを上手くロリータとミックスされていてセンスが光る。

ときめきアリス―定本 (LEGEND ARCHIVES―COMICS)

ときめきアリス―定本 (LEGEND ARCHIVES―COMICS)

 

 

・A・LI・CE

f:id:nyalra:20160421202314j:plain

 こちらは吾妻ひでお先生の本とは真逆で、ハードな世界観のアリスです。俯いた表紙のアリスちゃんが漂わせる雰囲気にピンときたら是非。

 女の子がかわいいのは勿論なのですが、メカの書き込みも圧巻。ページの情報量が多く、読み応えがあります。

f:id:nyalra:20160421204325j:plain

 銃夢AKIRAを彷彿させるディストピア寄りなSFの世界に、アリスちゃんはどんどん巻き込まれていきます。木崎ひろすけ先生自身も癖のあるお人柄だったようですし、並の作家では絶対に表現できないストーリーと読後感を是非体験して下さい。

 

Alice's Adventures in Wonderland and Through the Looking Glass

  アリス関係のお勧めでは、コミックではないですが、ペーパーブック「Alice's Adventures in Wonderland and Through the Looking Glass」は、イラストが非常に可愛らしく、アリス好きなら見逃せない一冊です。早く外人のイラストもオタクが射精し易い画風だらけになると良いですね。

 

Alice's Adventures in Wonderland and Through the Looking Glass

Alice's Adventures in Wonderland and Through the Looking Glass

 

 

 ■ホラー漫画

 ・人造人間の怪

  最近は呪みちる」先生の初期作品を纏めた短編集が数冊でまして、プレ値で手が届かなかった呪みちる先生のファンには非常に喜ばしいです。

 呪みちる先生の作風はグロ多めの古き良きホラーです。元はギャグ漫画家を目指していたらしいのですが、このグロテスク描写を見る限り、ホラーを選んで正解だったと思います。ホラーとギャグは紙一重なだけはあり、短編集の中にはギャグ寄りの作品もあります。

f:id:nyalra:20160421211654j:plain

  画像は「人造人間の怪」収録作品の中で一番好きな「青空の悪魔円盤」。自己で脳にウニを寄生されてしまった主人公が、発狂して空飛ぶ円盤の危険性を命を賭けて人々に伝えようとしていく救いようのない話です。救いのない鬱屈とした短編は呪みちる先生の持ち味。

f:id:nyalra:20160421213026j:plain

 ホラー漫画のお約束として、アブノーマルな恋愛要素も多いです。画力が高いだけに、登場する女の子は使い捨てが勿体無いくらいに可愛いです。あと、そういう性癖なのかふたなりモノも多い。

人造人間の怪 呪みちる初期傑作選I (第2刷)

人造人間の怪 呪みちる初期傑作選I (第2刷)

 

PR: 【あの話題作が40%OFF以上!】Kindle月替りセール

 

 ・怪盗ミルク

  高橋葉介先生の作品はどれも大好きな上に基本短編集なので悩みました。

  元は「ミルクがねじを回す時」という初期に描いた短編から持ってきたキャラです。「時間」だろうが「記憶」だろうが何でも盗めるミルクちゃんに巻き込まれていく人間たちのオムニバス。

 高橋葉介作品の良い点は、本人もインタビューで答えている通り、「説教臭さ」や「大義名分」などはなく、本人が描きたいように描いているので、ありがちな感動モノにはならない部分。今回の「怪盗ミルク」も、内容をどう受け止めるかは読者次第です。

f:id:nyalra:20160421214547j:plain

 高橋葉介先生と言えば、一見関連性のない短編が、最後の最後で繋がっていく構成が見事です。そう言った意味では「夢幻紳士」が一番なのですが、美少女のキャッチーさで「怪盗ミルク」が入り易いかなと。

怪盗ミルク

怪盗ミルク

 

 f:id:nyalra:20160421215918j:plain

  因みに初期のミルクちゃんは、今の画風より更にロリロリしています。こちらは「新装版 腹話術」収録。

腹話術 (ソノラマコミック文庫)

腹話術 (ソノラマコミック文庫)

 

  高橋葉介先生の初期の絵柄は、他では出せないセンスの塊なので、その辺りの作品もぜひ読んでもらいたいです。筆を使った現在の画力も歴戦の作家ならではの持ち味ですが、画を書き始めた頃の計算では出せない妖しさにこそ高橋葉介先生らしさを感じます。

 ツイッターで反響があったこの話は、こちらに収録されています。

 

伊藤潤二恐怖マンガSELECTION

 「伊藤潤二」先生の作品は、「ギョ」「うずまき」など長編もありますが、基本的に短編になりますので、この中の一二冊適当に読むだけでも愉しめます。

  一応過去記事で伊藤潤二先生の作品はたっぷり紹介しましたので、そちらをご参照下さい。

  敢えて「富江」や「双一」を避けるならば、真っ当なホラーとギャグ寄りなホラーのバランスがいい「死びとの恋わずらい」が好きです。

伊藤潤二傑作集4 死びとの恋わずらい

伊藤潤二傑作集4 死びとの恋わずらい

 

 

 

 ■恋愛漫画

 和姦では絶対に射精しない僕ですが(突然こんな暴露されても困惑するでしょうが)そんな人間が選ぶこそ出る深みを感じて下さい。

 

・薔薇だって書けるよ

  「売野機子」先生のレビュー作である短編集。表題作である「薔薇だって書けるよ」は、発達障害でイマイチ飲み込みが悪い奥さんと、その愚鈍な奥さんに対し日々鬱憤を溜めていくインテリな夫が、付き合った頃の愛を取り戻していく話。

 普段はレイプモノの漫画しか読まないので、愛情という感情を理解できなかった僕ですが、「売野機子」先生の短編集で初めて愛を知り涙を流したものです。

f:id:nyalra:20160421222103j:plain

  ほろ苦い青春ストーリーの「日曜日に自殺」。同性愛の苦悩を描いた「オリジン・マイ・ラヴ」など、非常に読み応えのある一冊になっております。

 カバーがクリアになっていて、表紙の花満開の背景が透けて見えるというオシャレ仕様。

薔薇だって書けるよ―売野機子作品集

薔薇だって書けるよ―売野機子作品集

 

 

 ・いばら姫のおやつ

  アニメーター出身で、大張正己さんの元妻でもある「石田敦子」先生の作品。内容の八割は「いばら姫のおやつ」なので、表紙の女の子をかわいいと思ったなら、購入してまず損はないです。

f:id:nyalra:20160421224111j:plain

 こんな大道寺知世ちゃんのような風貌の少女が、誘われると誰とでもオフパコするなんて昂奮が収まらないですね。少女漫画然とした可愛らしいタッチのギャップで余計に勃起してしまいます。

 真面目な話をすると何故このような可憐な少女が、そんなビッチ紛いの行動を続けるのか、彼女の心の隙間とは一体なんなのか。インターネットに蔓延る性依存の強い女性なら、共感できる部分もあるのではないでしょうか。

 

 ・純粋培養閲覧図

  短編が多い少女漫画家の望月花梨」先生の短編集。

f:id:nyalra:20160421225203j:plain

  複雑な家庭で生まれ自己表現が苦手になってしまった主人公と、愛情表現が苦手という不思議な少女の出会いの物語。ありがちな少女漫画家の恋愛模様とは違い、繊細で鬱屈とした思春期の心情を切り取ります。

 望月花梨先生の作品は数冊続いた「笑えない理由」もお勧めなのですが、短編もまた少女漫画のフォーマットとズレた一癖ある内容が多いですので、センチメンタルな気分に浸りたい時に読むと、効果あったりなかったりします。

欲望バス (白泉社文庫)

欲望バス (白泉社文庫)

 

 

純粋培養閲覧図 (花とゆめコミックス)
 

 

 ■作者の異常性が際立つ漫画

・貧困魔境伝ヒヤパカ

  一部でカルト的人気を誇る「山野一」先生の短編集。貧困や差別、障がい者などを題材にするため過激な表現が多く、健やかに育ってきた人が何かの間違いで読んでしまうとまるで「キャベツ畑やコウノトリを信じてる女の子に無修正のポルノを突きつけた時」のようになってしまうこと間違い無しです。
まずは印象的なシーンを紹介していきます。

f:id:nyalra:20160421234429j:plain
 ニーチェの引用からいきなり家政婦の乳房を乗せたご飯が登場して度肝を抜かれます。ちなみに僕がこのシーンを初めて見た時「目玉焼き丼なのかな?」と普通に思ってしまったことはナイショです。

f:id:nyalra:20160421234455j:plain


 勝手に貧乏人を分類した上に「1番貧乏そうな家の前に止めろ」という傲慢さのパラメーターがカンストしてるセリフがヤバいです。ちなみに貧乏人が3パターンに分類されていますが、僕は楽天カードの審査に落ちたので凶暴型か悲愴型のどちらかに違いありません。
 とにかく不謹慎だったり不条理だったり、既存の善悪の基準や常識などに囚われない過激な作品を求めている人にオススメです。

  山野一先生の本は入手し難いので、まずは安価で在庫のある「四丁目の夕日」から購入をお勧めします。

四丁目の夕日 (扶桑社文庫)

四丁目の夕日 (扶桑社文庫)

 

 

貧困魔境伝ヒヤパカ

貧困魔境伝ヒヤパカ

 

 

 ・よしもとよしとも 珠玉短編集

f:id:nyalra:20160421235929j:plain 

 青い車の方は、Amazonでもレビューが多く、マンガ批評サイトなどでも名前が挙がるのですが、こちらの方はAmazonのカスタマーレビューも0で、話題になっている所を余り見かけません。非常に勿体無い。今で言うモテる系のサブカルに推されていた作家です。

 中でも一番好きなのは「おはようこんにちは」という幼稚園のプリントのようなタイトル

f:id:nyalra:20160422000316j:plain

 自分の妻が浮気している現場を抑えた夫。性的なページははてなブログに貼れないので、一番紹介したいシーンをお届けできないのですが、この後二人を縛り間男に見せつける形で妻をレイプする寝取られ返しは圧巻。

f:id:nyalra:20160422000216j:plain

 その後奥さんはそういった性癖で敢えて夫にバレるように仕向けたと告白。ここだけならまだ予想できますが、間男まで旦那が好きだったというホモオチ。次のページで旦那の使用済みブリーフをプレゼントしてあげるシーンでは、感動していいのか泣くべきなのか判断に困ります。

 「人の性癖って難しいよね」というお話でした。

青い車 (CUE COMICS)

青い車 (CUE COMICS)

 

 

よしもとよしとも珠玉短編集 (アクションコミックス)
 

 

■サンデー作家

 正直ジャンル分けが難しかったので、取り敢えずサンデー作家で纏めました……。

 

高橋留美子傑作集 Pの悲劇

  僕は「高橋留美子」先生の大ファンです。高橋留美子キャラで射精した回数では滅多に負けないでしょうし、めぞん一刻を初めて読んだ小学生の頃、「オナペット」の意味がわからずお母さんに訊いた記憶があります。

 さて、高橋留美子先生の短編といえば人魚の森が真っ先に出てくると思われますが、ここは敢えて傑作集の一つから選びました。

 「Pの悲劇」を選んだ理由は「浪漫の商人」が収録されているからです。

f:id:nyalra:20160422001705j:plain

  経営難の結婚式場を経営するバツイチの女性が、未だに優しくしてくれる元夫と生意気な従業員の若者の間で揺れながら、本当の幸せについて考える「めぞん一刻」をコンパクトにした感じの短編。

f:id:nyalra:20160422001701j:plain

  「めぞん一刻」が好きなら必ず読むべきと言っても過言ではない作品。因みにあだち充先生と高橋留美子先生がコラボし、お互いが漫画家を目指すまでのエピソードが収録された「鏡が来た」もファンなら必読。

 

Pの悲劇 (Big comics special―高橋留美子傑作集)

Pの悲劇 (Big comics special―高橋留美子傑作集)

 

 

吼えろペン

  今でもツイッターの同人作家たちにバイブル扱いされている吼えろペン」。

 ネットでよく見る炎尾燃先生の熱い名言に勇気を貰った作家も少なくないと思われますが、炎尾先生の台詞は大抵、締め切りを過ぎた自分への自戒やテンションで誤魔化しただけの言い訳だったりします。そんな所も含めてリアルな漫画家事情を描いた名作。

f:id:nyalra:20160422002649j:plain

  本書はそんな「吼えろペン」の傑作選です。ただの傑作選でなく、本邦初公開の描きおろし最終回が載っているのです。

  本編の最終回は大人の事情を感じるような、はっきり言ってこれまでの内容にそぐわないような終わり方でした。島本先生本人も何度も反省している程です。しかし、そこは矢張り炎尾燃の分身である島本先生。それを踏まえて誌面連載時の「大人の事情」に揺さぶられなかったバージョンの最終回を描き下ろしてくれました。「吼えろペン」自体は有名ですが、この最終回を未読な方も多いのではないかと。

 同人作家や漫画家、またはそれを目指す人達なら絶対に読むべき一冊です。まぁ僕はそのどれでもないのですけど……。

吼えろペン (サンデーGXコミックス CHRONICLE)

吼えろペン (サンデーGXコミックス CHRONICLE)

 

 

 ・(有)椎名大百貸展

  絶チルGS美神で有名な「椎名高志」先生の短編集。唯一手元にないので雑な紹介になりますが、椎名高志先生らしいパワフルな一冊。GS美神の外伝的な短編もありますので、懐かしい気持ちで読めます。

椎名大百貨店 (サンデーGXコミックス)

椎名大百貨店 (サンデーGXコミックス)

 

 

 

■画力がすさまじい一冊

 

・ストレニュアス・ライフ

  ビームコミックスで連載している「丸山薫」先生が描く「働く人」をテーマにした一冊。作者名が花山薫に似ているのでイメージが引っ張られがちですが、非常に可愛らしい内容。

  例えば歯医者として働く獣人だったり、

f:id:nyalra:20160422004749j:plain

怠惰な仲間たちと旅する桃太郎だったりと、多種多様な職業の登場人物が織りなすオムニバス形式。共通していることは、どの話も背景まで細かく書き込まれていることと、登場する女の子が可愛いこと。鍛え上げた画力のなせる業ですね。

f:id:nyalra:20160422004751j:plain

 先述した高橋葉介作品のように、一見なんの関連性もない短編達が、ラストで収束していく構成は流石の一語に尽きる。

 丸山薫先生は現在ハルタにて「事件記者トトコ!」を絶賛連載中(ストレニュアス・ライフのキャラも出てきます)ですので、今後も応援していきたい。

 

 ・惑星さんぽ

  元アニメーターでありイラストレーターでもある「toi8」先生のフルカラー大型本。

 カバーイラストから充分伝わると思われますが、何と言ってもカラーで魅せる圧倒的な画力が魅力。

f:id:nyalra:20160422010230j:plain

  荒廃した中野ブロードウェイの書き込み量は度肝を抜かれます。童心に帰ったようにワクワクしてきますね。

 そんな「惑星さんぽ」の中でも好きな作品が「鬼ごっこ」

f:id:nyalra:20160422010343j:plain

  国の未来を賭けて宇宙人の女の子と、無作為に選ばれた一般女性がおにごっこで対決するという高橋留美子チックな漫画。まぁまんま「うる星やつら」モチーフなんですが。

 先述したように高橋留美子先生のファンとしてうる星やつら」の1話を百合作品としてアレンジした解釈には手放しで絶賛。全体的にセリフ量が少なく、イラスト集に近い一冊な分、手元に置いておくと何度も読み返したくなります。

 

 ・回螺

  インターネット的にはSerial experiments lainで有名な「安倍吉俊」先生の大型フルカラー本。

 非常に重く鬱々とした内容が続き、リューシカ・リューシカニアアンダーセブンで知った人には衝撃な一冊。安倍吉俊先生の陰々とした画風とダークな世界観はこのブログの読者ならハマる人も多いはず。

f:id:nyalra:20160422011435j:plain

 のほほんとした雰囲気の安倍吉俊を読みたいなら、先ほど名前を挙げたニアアンダーセブンをお勧めします。こちらも新装版では一冊完結で、のほほんとした宇宙人同居生活を堪能できます。

f:id:nyalra:20160422011442j:plain

 余談ですが、去年の安倍吉俊展最高でした。

 

 

 

 

回螺 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

回螺 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

 

 

 ・僕らの変拍子

 冬目景らしいアンニュイな雰囲気漂う青春漫画。

 表題作である僕らの変拍子は、ハーブにハマっている少女と、その女の子に惹かれてヤクな世界に入っていく主人公の話。インターネットでサブカルメンヘラ芸している人たちにお勧めですね。

f:id:nyalra:20160422013340j:plain

  個人的に好きなのはToHeartのマルチシナリオの元ネタと言われている「現国教師RC-01」。 短い内容ですのでネタバレ防止の為内容に触れませんが、アンドロイド少女が好きなら必ず読み応えがある筈です。

f:id:nyalra:20160422013348j:plain

 冬目景先生の作品も好きで集めていますが、先に紹介しようと思っていた「文車館来訪記」が既に紹介されていたのでこっちにしました。

  カバーイラストは新装版と旧版で2つありますが、内容は恐らく変わらないのでおこのみで。

僕らの変拍子 (バーズコミックス)

僕らの変拍子 (バーズコミックス)

 

 

 

※追記

■ミリタリ・ロボ

装甲騎兵ボトムズATStories

  雑誌連載のショートストーリーと描きおろし短編4作で構成されているボトムズ野郎必携の一冊。

 カン・ユーなど本編でのキャラも登場しますが、外伝的な話が主なのでスパロボやスコタコのデザインに惚れ、取り敢えずボトムズの世界を識りたいという方にもお勧めできます

f:id:nyalra:20160422151733j:plain

  画力も鬼気迫るモノがあり、戦場の死と硝煙の匂いを余すこと無く表現されている事も魅力ですが、何と言っても「援護射撃(オードブル)」「装填(オカワリ)」など洋画チックな言語センスが、ボトムズ野郎の肌を震わせます。出撃シーンで「カエルを揚げにいくぞ!!」なんて下品な鼓舞はまさに最低野郎そのもの。恐らく「コブラ」と同じく、何度も洋画を繰り返し勉強したのでしょう。

装甲騎兵ボトムズat stories (アクションコミックス)

装甲騎兵ボトムズat stories (アクションコミックス)

 

 

 ・一撃殺虫!!ホイホイさん

f:id:nyalra:20160422153702j:plain

 ロボット少女が大好きな僕にとってホイホイさんは堪らない作品です。害虫が異様に増殖してしまった近未来、人類は一家に一台は超小型害虫駆除ロボットホイホイさんが必須になったという世界。

f:id:nyalra:20160422154039j:plain

 無言で害虫と戦い続けるホイホイさんが超クール。ホイホイさんのオーナーたちのちょっぴり切ないオタクライフや、害虫駆除ロボットメーカー同士の競合などストーリーも濃厚。

  実際にプラモデルも発売されており、作りやすさや塗装のしやすさでオリジナルホイホイさんを量産しては部屋に並べたものです。沖縄なので害虫は多かったのですが、プラモデルのホイホイさんは無表情を貫くだけで働いてくれませんでした。持ち主に似たのでしょうか。

f:id:nyalra:20160422154256j:plain

 巻末のオマケイラスト集がかわいい。

一撃殺虫!!ホイホイさん (Dengeki comics EX)

一撃殺虫!!ホイホイさん (Dengeki comics EX)

 

 

・黒騎士物語愛蔵版

 ミリタリー好きなら必ず読んであるであろう一冊。通常のマンガ紹介ブログなどでは全然話題になりませんが。大型本なので各コマの細かい書き込みまでじっくり堪能できるが良いですね。

f:id:nyalra:20160422155200j:plain

 ガルパンが大ブームを巻き起こし、一般的なオタクにも戦車知識が植え付けられた昨今こそ「黒騎士物語」の重厚な男の戦場の風を感じるのも一興でしょう。

 美少女どころか女性キャラ自体が皆無に近いですので、そこはpixivやツイッターに流れてくるバレー部のえっちなイラストで射精しつつ、小林源文を嗜むとバランスがいい気がします。

黒騎士物語【愛蔵版】

黒騎士物語【愛蔵版】

 

 

 如何でしたでしょうか? 他のブログで紹介されていなければ、もっと紹介したい漫画が沢山あったのですが、マイナー縛りならこの辺りをまずオススメします。

 今回の記事を作成するにあたって、本棚の中をざっと読み返してみたのですが、矢張り「藤子F先生とA先生」や「諸星大二郎」先生の1話1話のテーマ性が凄い。余りに有名過ぎて主旨と外れるので紹介しませんでしたが、絶対に読んでおくべきですね。

 それでは今日はこの辺で。オワリ

気楽に殺ろうよ (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)

気楽に殺ろうよ (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)

 

 

 

広告を非表示にする