読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

Gのレコンギスタやユリ熊嵐は「難しいアニメ」なのか?



 

 
 

 僕が愛してやまない作品に、「聖戦士ダンバイン」と「少女革命ウテナ」がある。
 両作品に共通点はなく、単に自分が好きな作品を挙げただけなのだが、それぞれの監督である、「富野由悠季」と「幾原邦彦」が手掛ける新作アニメが、只今絶賛放送中だ。

 


 富野監督の新作である「Gのレコンギスタ」、通称「Gレコ」は、2クール作品で前期から放送されており、こちらは開始して3話あたりの時点で、幾原監督の「ユリ熊嵐」は、1話から「このアニメなんだかよくわからない」「難解で意図が読み取れない」という感想がツイッター上で散見される。
 それに対して、「有名監督の作品を理解できないのは、にわかオタクだ!」と暴力的に一刀両断する古参気取りにも辟易する。
 Gレコの1クール目までは、そういう感想もあまり気にならなかったのだが、後に始まったユリ熊嵐でも多く目にし、何となく引っ掛かりを感じたので、こうして駄文を弄することにした。
 僕は両作品とも毎週楽しく視聴しているし、信者という体でアンチを叩きたいわけでもなければ、手放しで褒めちぎりたい訳でもない。ここでは、両作品の「面白さ」は度外視して欲しい。今回の話は、Gレコやユリ熊嵐は「難しい」アニメなのかどうかなのである。
 最初に、僕は両作品を意味不明だと評する視聴者たちを、「理解力がない」だとか、「アニメを観るセンスがない」と揶揄しているつもりがないことを、心に留めて貰いたい。正味、僕も意味がわからないと思う箇所もあった。
 だからと言って、簡単に「アニメを切ってしまう」人たちを、少しでも引き止められれば幸いだ。
 


 まず、Gレコから難解だと言われる点を挙げていきたい。


 Gレコはガンダムシリーズ系譜である。ガンダム自体が歴史ある作品なので、過去作の知識がないと入ってこれなさそうに思えるが、初心者でも安心して観れるよう、独立した話となってはいる。なって『は』いるのだ。
 そう、確かに登場人物やメカは一新されているのだが、「固有名詞が引き継がれていて、尚且つ全く説明がない」。これは初見の人たちにとって、かなりハードルが高い。
 自分は常にガンダムシリーズに触れながら育ってきたので、その点で違和感はなかったのだが、TLで見た限り、「モビルスーツってロボットと違うの?」「なんたら粒子って何?」という意見もチラホラ見かける。
 言われてみれば、「ガンダム」や「ビームライフル」などの馴染みある名称も、説明されなければ何がなんだかわからない。ミノフスキー粒子に至っては、ある程度ガンダムを知っていたとしても、設定の全てを解説できる人間は多くない。
 しかし、そこは飽くまでシリーズモノの宿命だと思って欲しい。説明こそないものの、回を重ねるうちに雰囲気で察せる範囲だ。ぼんやりとした認識でもどうにかなる。
 実際、Gレコ内でのガンダム(作品内ではGと呼称される)の定義は曖昧で、今後登場するGルシファーは、一般的なガンダム顔とは著しくかけ離れている。「強そうなのがガンダムだ!」「戦闘シーンに入ると粒子が撒かれるんだ!」と小学生程度の理解で大丈夫だ。


 が、Gレコは更に厄介な点がある。
 これは富野作品自体の癖になるのだが、基本的に「本編の設定、固有名詞を、知っている前提」で進める。
 Gレコでは1話から「クンタラ」なり「フォトン・バッテリー」などの名前がバンバン出てくるのだが、登場人物には常識なので、説明なしに遠慮無く会話に混じえてくる。
「クンタラ?差別されている人種なのかな?フォトン・バッテリーは、とにかくスゴいエネルギー源?」と、ようやく理解が追いついたと思えば、今度は「スコード教」「トワサンガ」などの文化や地名が矢継ぎ早に出てきて、しまいには戦艦名も紹介なしに名前を出すので、どれがどれだか混乱してしまう。誰だって初めてガンダムに乗り込んだアムロのように、一瞬で全てを把握できるわけがない。
 この問題に対して、富野監督は「オタクならわからなければ即調べる、観返す。もしくは、初めから設定を理解して観るモノだ」と考えているのではないか。
 実際、放送前から発売された書籍や、公式サイトのあらすじなどを読めば、本編の世界観にも自然と入っていける。僕は先行上映会にも二度足を運び、記念本も購入した下地があったので、特に難しいと感じなかった。
 半端なオタクに対して苦言を呈している富野監督にとって、「オタクなのに自分で作品について調べないのは甘え」のスタンスな部分もあるのだろう。
 敢えて説明を省くからこそ、ストーリー展開に重点を置けるし、Gレコは最近のアニメと比べて話がサクサク進んで小気味良い。
 そうは言っても、「ただ放送してるから取り敢えず観てるだけで、何でそんな事せなあかんのや」という意見もご尤もな訳で。そこが日常アニメと決定的に違う部分であり、根強い人気を誇る理由の一つとして解釈して貰う他ない。
 要は一言で纏めると、「名前と設定はふわっとした認識でも意外とイケるよ!」「基本的な世界観などは説明はないが、考えても仕様がないのでわからなければ調べる」という事を覚えておいて欲しい。二言になった。

 ぶっちゃけ、過去作と違って突如超能力がでてきて電波になったり、オーガニック的だったりしないから楽な方だぞ!
 
 
 次に、富野作品特有の「セリフの突飛さ」と、「会話の噛み合わなさ」も敷居を高くしている部分もある。慣れるとこれが堪らんのだが。
 例えば、登場人物が突然「スコード!」と叫ぶシーンがある。これは、Gレコ世界の多くの民は、スコード教という宗教を信仰しており、肝心な場面でスコードと口にだすのは「神様!」的な意味合いなのだろう。これに関しても劇中での説明はない。
 こういう所々挿入される突飛なセリフは、基本的にニュアンスさえ掴んでればいい。同監督の別作品には、突如「ユニバース!」と叫ぶシーンがあり、勿論これもハッキリとは説明されていない。
 一見すると何が言いたいのかわからないセリフたちが、監督の持ち味なので、「これが富野節というものか!」とだけ理解してれば十分だ。後から思い返して、アレはそういう意味だったのかとなればいい。
 登場人物たちの会話が成り立ってない部分だが、それが素なのか印象に残るために意図的な演出なのか、見解が別れている。それぞれが互いに別の話をするのも、キャラたちのリアルさに拍車を掛けているとも取れるし、これも一つのキャッチーで大切な要素だ。
 ほら、現実の会話でも多少食い違いがあっても成り立つじゃん? いや、これはアニメなんだから、わかり易くすべきだと言われると、そうでもあるがぁぁぁーっ!
 他にも「ラライヤが記憶取り戻したの突然すぎない?」だとか、「ベルリ君の心理描写がわかりづらい」と、色々とあるのだが、ストーリーがサクサク進むので、重要そうなところがて軽く済まされていて、行間を読むのも今作の特徴だろう。そういう割に姫様のダンスとか不要な描写多くない?と言われると、そうでもあ(略)。

 纏めると、Gレコの複雑さは「固有名詞と世界観は基本知っている」前提の説明不足と、「セリフがニュアンスに依存」な事に起因するのであって、話が難しい訳でもなければ視聴者側は悪くないというコト。そこさえ押さえておけば、誰がどの陣営に居るのかなども、あらかた整理できる。それが「難しい」という気もするが、厳しく言い換えれば「甘え」でもある。
 そもそも、「元気のGは始まりのG」ってフレーズの時点で意味不明だし!






 Gレコに関してはこんなものだろう。問題は、ユリ熊嵐の面倒な点はまた別にあるのだ。
 ユリ熊嵐は一話を観て貰えばわかるが、「かなりぶっ飛んでいる」。しかし、だからと言って難しいの一言だけでぶった切るには、あまりに惜しい。
 幾原監督の作品もまたクセが強い。それは、初期の代表作である「劇場版美少女戦士セーラームーンR」からも観て取れる。
 それでも、ユリ熊嵐の一話は、「少女革命ウテナ」や「輪るピングドラム」に比べると控えめだったりする。少なくとも、一話二話で作品の方向性は概ね掴めるようになっている。
 多分、「ユリ熊嵐は難しい」と感じた多くの人は、「画面から際限なく与えられる情報を全て受け止めてしまっている」部分が大半だと感じる。
 ユリ熊嵐は冒頭で、「宇宙に浮かぶ小惑星クマリアが爆発し、その破片が隕石となって地球に降り注ぐ」という説明から始まる。
 この時点で壮大だし、それだけでアニメ一本作れそうな勢いで、理解が追いつかない人もいるかも知れない。が、これは「本筋ではない」。
 これ以上書くと、ユリ熊嵐の考察になってしまうので省くが、要は「クマが現れて平和な学園に侵入してくる」ための前置きというだけだし、それすらも、趣味全開の「百合百合シチュエーション」を見せつけるための設定の一部である。
 つまり、視聴者はまず「本筋を見極める」ことから始めなければならない。
 Gレコが説明不足な点は、ロボアニメ自体がそういうモノだから仕方ないし、頭を使えばどうこうなる訳でもないと解説したが、ユリ熊嵐についてはただ受動的に観ているだけではダメだ。観せたいモノを魅せつけるための舞台措置と、後に繋がる意図のある演出の違いを感じ取るのだ。
 大丈夫、全然難しくない。キミならできる。「こういう、わかる人だけわかる作品を理解できてる感だしとけば、サブカル人たちからチヤホヤされるんだろうなー!」というスキを諦めないで。
 
 ユリ熊嵐では、「透明な嵐」や「百合裁判」などの特徴的な固有名詞や演出が散りばめられていて、これまた作品を複雑に見せている要因となっている。
 これらは、先述した「本筋」に関係する要素であり、作品の肝となる部分だ。
 しかし、両方とも序盤の時点では何もわからない。四話まで放送された今ならぼんやりとは見えてきているのだが、ハッキリと明言されてはいない。というか、最後まで曖昧な感じで終わる可能性すらある。
 けれども、それが悪い訳ではなく、意味深に挟まれる単語や演出の意図が、回を重ねるうちに少しずつ理解できるようになっていく快感こそが、幾原監督の才能を遺憾なく発揮しているアニメという証拠なのだ。
 序盤の時点でわからないからと言って、ヘイトをぶち撒けるのはナンセンス極まりない。話を追ってそれらを理解していく構成なので、見えてない部分を必要以上に考えてしまっても意味不明で当たり前だ。
 最後まで観ても説明がなかったり、伏線を放置していたなら怒っていい。たまに、そういうアニメもある。因みにえっちなゲーム界には星の数ほどある。そんなシナリオの方が変に持ち上げられたりしたりするのが、また面倒臭いんだが……。
 閑話休題、つまりユリ熊嵐を「最初から全てが説明されるアニメと同じ目線で観る」のは大間違いだ。かと言って現時点で全ての意図を読み取ることはできないし、今は深く考えず毎話の大筋と人間関係を愉しめばいい。幾原アニメは画面を追っているだけで愉しいぞ!最悪、過激な百合シーン目当てで股間を弄りながら視聴してても良しだ!
 
 
 
 ツイッターや大型掲示板の利用が人口に膾炙した昨今、簡単に感想を呟いて伝えられるようになった弊害で、少しでもわからない点があると、「難しい」や「意味不明」だと批判し、「アニメを切る」人達も多く目に入るようになった。
 勿論、それは個人の勝手なので僕に咎められる訳ではないのだが、自分が好きな作品をそのような理由で楽しめて貰えないのも哀しいモノがある。
 考察が前提のアニメが面倒だと叩かれ、何でも最初から説明される作品が多くなってきた今だからこそ、「Gのレコンギスタ」や「ユリ熊嵐」など、挑戦的な作品が盛り上がって貰えると僕は嬉しい。
 これらのアニメは、能動的に下調べや考察をすることが必要な要素もある。が、きっと「難しい」訳でもなければ、「理解不能」なだけではないのだ。
 

 

ユリ熊嵐 上

ユリ熊嵐 上

 

 

広告を非表示にする