MENU

人間の闇を掘り尽くすNHKの「ねほりんぱほりん」が凄い

最近のNHK

f:id:nyalra:20161103202856j:plain

 僕が毎週愉しみにしている番組に、NHK「ねほりんぱほりん」があります。

 最近だと、前期までNHKで放送していた境界のRINNE」「スポンジ・ボブ」「サム&キャット」を視聴していたのですが、残念ながら全て放送が終了してしまったので、仕方なくおとうさんといっしょミニ」内の「5歳のつぶやき」というコーナーを観ながら、「今回もコーナー名に反して4歳とか6歳のつぶやき採用しているな……」と、至極どうでもいい感想を抱く日々を過ごしていた僕にとって「ねほりんぱほりん」の放送は救いでした。

 因みに「サム&キャット」はフルハウスのようなホームコメディなのですが、やんちゃな暴れん坊の女の子「サム」が、おとぼけた天然気味の美少女である「キャット」の家に居候するという、海外らしい大胆な百合ドラマでもあるので強くお薦めします。必ず後半に心温まる教育パートがある「フルハウス」と違い、破壊と混沌だけで話が終わるパターンも多く、30分前の「スポンジ・ボブ」と連続して視聴すると、いい感じに脳味噌がアメリカンになります。

 

続きを読む

沖縄のヤンキーの知性の限界の話

沖縄のヤンキーの知性の限界の話 

 何も考えていなかったので、「の」が非情に多いタイトルになってしまいました。エロゲなら「のののの」とか略称がつきますね。

 いつもの記事以上に、輪をかけてどうでもいい話なので、ツイッターにでも書こうと思ったのですが、ちょっと長くなってしまったので、このブログ上で、僕が学生時代を過ごした沖縄での想い出話をします。

 僕が生まれた地域「辻」は、ウシジマくんでも治安最悪扱いされている風俗街です。

f:id:nyalra:20161008192756j:plain

続きを読む

るろうに剣心の「四星」が、かませ犬にしてもどれだけ弱すぎるかの話

スーシン

 みなさんは四星を覚えているでしょうか? 終盤まできて剣心の仲間たちに淡々と処理されていく様子は、「分かりやすいかませ犬だ!」と強烈な印象を残したことを子供ながらに記憶しています。

f:id:nyalra:20160829120428j:plain

 

 この召喚獣のようなおっさん4人が「スーシン」です。最早運動の法則無視で二段ジャンプするような敵もいる中、ただ高くジャンプする事に何の意味があるのか分かりませんが、とにかく操たちを驚かす程のポテンシャルを秘めた登場をします。

 

続きを読む

出演女優が年季の入ったガチオタ美熟女というAVのオタク語りが凄い

ガチオタAV

 先日、こちらのAVを観ました。「この美熟女はガチオタでした!漫画・アニメへの愛が深すぎる井上綾子様が、オタの本性むき出し!最終的にチ●ポ堕ち!」です。

f:id:nyalra:20160816194201j:plain

 とってつけたような「最終的にチ●ポ堕ち!」が良い味出してますね。

 

続きを読む

時代を先取ったメンヘラヒロイン「須磨寺雪緒」の話

 天使のいない12月

f:id:nyalra:20160805202433p:plain

 8月5日は天使のいない12月のヒロインである須磨寺雪緒さんの誕生日です。

 「天使のいない12月」は一般的に鬱ゲー扱いされており、ヒロインもまだメンヘラという概念が膾炙していない時代から、リスカ経験アリのキャラや、援交していた過去持ち、無自覚に浮気する後輩など、時代を先取りした属性のバーゲンセール状態な内容。と言っても、シナリオ的には彼女たちを救済する話なので、プレイしてみるとそこまで鬱々とした内容でもなかったりします。

f:id:nyalra:20160805202021j:plain

 前にブログでリストカットするヒロインはこの作品で始めて見た」と語った記憶がありますが、今思い返すとkanonの栞もリスカ経験ありましたね。ゲームでは直接的な描写はありませんでしたが、アニメでは暗い自室でカッターを見つめるシーンが挿入されました。

 今日は折角誕生日ということで、その中でも希死念慮持ちの今で言う構って女である、「須磨寺雪緒」さんルートの話をしましょう。

続きを読む

20年前のテキストサイトの筆者と、その読者が2016年にツイッターで巡りあった奇跡の話

ぼくたちの美少女ゲームクロニクル2

 先日、こちらの本を購入しました。「ぼくたちの美少女ゲームクロニクル2」です。

 いきなり本題と逸れて何だという感じですが、後に繋がるので興味のない方は読み飛ばして下さい。

 本書の内容を簡単に説明すると、95~05年までのアダルトゲームの歴史を紹介していくという、アダルトゲーム業界が斜陽になった昨今で、非常に意欲的かつニッチな需要の一冊となっています。

続きを読む

官能小説で使われたイカした性器や絶頂の隠語表現を紹介していく

 先日、後学のためにこちらの本を購入致しました。

官能小説用語表現辞典 (ちくま文庫)

官能小説用語表現辞典 (ちくま文庫)

 

 

続きを読む